アッズリーニが15年ぶり欧州制覇へ好発進! 殊勲のキエーザ「素晴らしいイタリアだった」

サッカーキング / 2019年6月17日 18時0分

2ゴールを決めたU-21イタリア代表のキエーザ [写真]=Getty Images

 U-21欧州選手権が開幕し、ホスト国のアッズリーニ(イタリア代表のアンダー世代の愛称)は、ボローニャの本拠地レナート・ダッラーラにスペインを迎えた。ボローニャは2003-04シーズンに中田英寿が印象的なプレーを披露した地だ。そして今、日本人サッカーファンにとってはホットな場所でもある。それはベルギーのシント・トロイデンに所属する冨安健洋に、ボローニャ移籍の噂が持ち上がっているからだ。

 スタジアムは、試合開始前から異常な盛り上がりを見せる。イタリアは最多5度の優勝を誇るが、2004年から15年も優勝から遠ざかっているため、ファンは優勝に向けてこの一戦が持つ意味を十分に理解しているようだ。

 イタリアはベストメンバーを組んできた。12日にユーロ2020予選のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦に出場していたニコロ・バレッラ(カリアリ)が先発に名を連ねるなど、A代表組6人すべてがピッチに立った。日中は32度以上の気温があり、夜になっても25度、さらに湿度が高い中で始まった試合は、後方からボールをつなぐスペインに対し、イタリアが前線からハイプレッシャーをかける。5分までは拮抗した試合展開となるが、次第に細かいパスをつなぐスペインに主導権を握られ、イタリアはボールが取れない時間が続く。

 すると、ルイージ・ディ・ビアージョ監督は、「4-3-3」から「4-3-1-2」にシステムを変更。ニコロ・ザニオーロをトップ下に置き、2トップにモイーズ・キーン(ユヴェントス)、フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)を配置する。しかし、先制したのはスペインだった。9分、ダニ・セバージョス(レアル・マドリード)へのマークが甘くなり、カットインから見事なゴールを叩き込まれる。GKアレックス・メレトはノーチャンスだった。急造チームということもあり攻撃で単調なプレーが多かったが、この場面では守備も組織的なプレーができず。皮肉にもA代表で主力のバレッラが対応を誤った。

 その後も劣勢に立たされたイタリアは元の「4-3-3」に戻し、68パーセントの支配率までボールポゼッションを高めるスペインに対し、ファウルギリギリの守備で対応。それでも、耐えたことで次第にイタリアに流れが傾きかける。31分には主将のロランド・マンドラゴラ(ウディネーゼ)がこの試合初めてのシュートを放つ。その2分後には、キーンが初のCKを獲得。キーンはポストプレーから前を向いて独力で突破するなど、このレベルでも違いを生み出していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング