日本、1点ビハインドで後半へ…41分にセットプレーから失点

サッカーキング / 2019年6月18日 8時48分

[写真]=Getty Images

 日本代表は18日、コパ・アメリカ グループステージ初戦でチリ代表と対戦。日本の1点ビハインドで前半が終了した。

 試合は序盤からチリがポゼッションを高めるも、日本も素早い攻めで反撃。コーナーキックから植田直通がヘディングシュートで相手ゴールを脅かすなどチャンスを作った。

 しかし、41分にコーナーキックからチリのエリック・プルガルに得点を許し失点。そのまま日本は得点を奪えず前半終了。1点リードを許し後半に突入する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング