バイエルン、サネ獲得失敗ならデンベレに照準…代理人と接触済みか

サッカーキング / 2019年6月26日 22時55分

バイエルンはバルセロナのデンベレをターゲットにしているようだ [写真]=VI Images via Getty Images

 バイエルンが、バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレの獲得に関心を示しているようだ。26日、ドイツ誌『Kicker』日本語版が伝えている。

 今夏の退団が決定している元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーの代役となるウインガー獲得を目指すバイエルンは、マンチェスター・Cのドイツ代表FWレロイ・サネ獲得に動いていると報じられていた。

 バイエルンはサネの獲得が失敗に終わった場合、デンベレの獲得を検討しているという。バイエルンのスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏は、今年3月に同選手の代理人にコンタクトをとったようだ。

 デンベレは2018-19シーズンのリーガ・エスパニョーラで29試合に出場し、8得点を記録した。バイエルンにとっては、同選手のバルセロナでの高給がネックとなる可能性もあるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング