レアルがネイマール獲得レースから撤退…ターゲットをムバッペに変更

サッカーキング / 2019年7月12日 3時52分

PSGで同僚のネイマール(左)とムバッペ(右) [写真]=Icon Sport via Getty Images

 レアル・マドリードがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの獲得を断念した模様だ。11日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 レアル・マドリードは以前からネイマール獲得に関心を示していると報じられてきた。ネイマール自身も今夏のPSG退団を望んでおり、8日の練習を無断欠席したことが話題に。同選手自身は古巣のバルセロナ復帰を希望していると伝えられていたが、長期に及んでネイマールの動向を追っていたレアル・マドリードも獲得に動く可能性があると見られていた。

 しかし、今回の報道によるとレアル・マドリードは補強リストからネイマールの名前を除去したという。同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長がネイマールのピッチ外での行動を考慮し、リスクがあると判断したようだ。代わりに、同じくPSGでプレーしているフランス代表FWキリアン・ムバッペをトップターゲットに切り替えた模様だ。ムバッペとPSGの契約は2020-21シーズン限りで満了となることから、来夏のムバッペ獲得を画策していると報じられた。

 PSG側は“適切なオファー”があればネイマール売却を容認する構えを見せているものの、現時点でオファーは届いていないという。果たして、ネイマールは来シーズンどのクラブのユニフォームを着てプレーしているのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング