リーガ開幕節ベスト11を西紙が発表! バルサ戦決勝弾の38歳FWなど選出

サッカーキング / 2019年8月20日 10時49分

リーガ・エスパニョーラ開幕節のベストイレブンが選出された [写真]=Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は19日、リーガ・エスパニョーラ第1節のベストイレブンを選出した。

 リーガ・エスパニョーラ昨季王者のバルセロナはアウェイでアスレティック・ビルバオと対戦。この試合で決勝ゴールを挙げて、バルセロナに11年ぶり開幕戦黒星をつけたアスレティック・ビルバオの38歳FWアリツ・アドゥリスがメンバーの一人に入った。

 また、3-1でセルタとのアウェイ戦に勝利したレアル・マドリードからは、強烈なミドルシュートで追加点を決めたMFトニ・クロースが選出。アトレティコ・マドリードからは、PKを獲得した”ネクスト・ロナウド”、FWジョアン・フェリックスが選ばれている。

 4-4の引き分けで終わったビジャレアル対グラナダの試合では、ビジャレアルからMFサンティ・カソルラとMFモイ・ゴメスの2人がメンバー入り。なお、『マルカ』によると、4-4のスコアとなった試合はこの試合がリーガ・エスパニョーラ史上32回目だという。

 また、レアル・マドリードのMFルカ・モドリッチがキャリア2回目の退場処分を受けるなど、開幕節で計6枚のレッドカードが選手に提示された。『マルカ』によると、これはリーガ・エスパニョーラ第1節史上4番目に多い枚数。最も多かったのは1996-1997シーズンの10枚だという。

 スペイン紙『マルカ』が選出するリーガ・エスパニョーラ第1節のベストイレブンは以下の通り。

▼GK
ルベン・マルティネス(オサスナ)

▼DF
セルヒオ・レギロン(セビージャ)
ギジェルモ・マリパン(アラベス)
モハメド・サリス(バジャドリード)
ヘスス・ナバス(セビージャ)

▼MF
サンティ・カソルラ(ビジャレアル)
トニ・クロース(レアル・マドリード)
モイ・ゴメス(ビジャレアル)

▼FW
アリツ・アドゥリス(アスレティック・ビルバオ)
ダニ・ロドリゲス(マジョルカ)
ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング