C・ロナウドがメッシとの関係に言及「ライバルという存在は…」

サッカーキング / 2019年8月23日 12時15分

バロンドール受賞式で会話をするC・ロナウド(左)とメッシ(右) [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナのリオネル・メッシとのライバル関係について語った。22日付けで、スペインのスポーツ紙『アス』が報じている。

 かつてレアル・マドリードのエースだったロナウドと、今なおバルセロナのエースとして君臨するメッシ。ロナウドはポルトガルのTVによるインタビューの中で、メッシとのライバル関係について言及した。

「レオ(メッシの愛称)が僕をより良い選手に成長させてくれたことは間違いないね。そして僕も、彼に同じような良い刺激を与えたと思っているよ」

「レオが築いたキャリアは本当に素晴らしいね。賛辞を贈るよ。そして嬉しいことに、僕がスペインリーグを去る時、彼は『残念に思う』と言ってくれたんだ。ライバルという存在は、サッカーに限らず他のスポーツでも大切な存在になる。それはつまり、お互いを成長させてくれる大切なものさ」

 ロナウドとメッシは、ヨーロッパの年間優秀者に贈られる「FIFAバロンドール」を共に歴代最多、5度も受賞している。今シーズンもこの2人の活躍に、全世界から注目が集まることは間違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング