“悪童”はいまだ健在? 暴力行為で退場のルーニー、合計2試合の出場停止へ

サッカーキング / 2019年8月28日 15時51分

DCユナイテッドに所属するルーニー [写真]=Getty Images

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに、さらなる出場停止処分が課されたようだ。28日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ルーニーは、22日に行われたNYレッドブルズ戦に出場した際、24分のCKで相手選手へ肘打ちを見舞い、レッドカードを提示されていた。その後、25日に行われたフィラデルフィア・ユニオン戦は欠場したが、9月1日のモントリオール・インパクト戦にも出場停止処分が課されることが決まった。

 先日、来年の1月からイングランド2部のダービー・カウンティへ、選手兼コーチとして移籍することが発表されたルーニー。MLSでのラストマッチが迫っている中での出場停止処分は、チームにとっても、またルーニー本人にとっても痛手となる。

 現在イースタン・カンファレンス5位につけるDCユナイテッドは、7位以内でシーズンを終えると進出できるプレーオフを目指している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング