ドルトムント、4得点で快勝…長谷部・鎌田フル出場のフランクフルトは敗れる/ブンデス第4節

サッカーキング / 2019年9月15日 0時41分

ブンデスリーガ第4節が各地で行われた [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第4節が14日にドイツ各地で行われた。

 ドルトムントはレヴァークーゼンと対戦。パコ・アルカセルの得点で幸先良く先制したドルトムントは、50分にもマルコ・ロイスがカウンターからネットを揺らすと、終盤にラファエル・ゲレイロとロイスが追加点をゲット。4-0の勝利を収めた。

 FW大迫勇也が所属するブレーメンは昇格組のウニオン・ベルリンと対戦。前半はともにPKで1点ずつ取り合う展開となったが、55分にニクラス・フュルクルクが勝ち越し弾を記録。終盤に両チーム退場者を出す荒れたゲームとなったが、ブレーメンはそのまま1点のリードを守り切り、2-1で勝利した。大迫は68分まで出場した。

 MF鎌田大地とDF長谷部誠が所属するフランクフルトはアウクスブルクと対戦。35分、43分と立て続けに2点を失ったフランクフルトは、後半に長谷部を起点としたパスワークからゴンサロ・パシエンシアが1点を返して一矢報いたのが精一杯。2-1の敗戦を喫した。鎌田と長谷部はともにフル出場している。

■ブンデスリーガ第4節
ドルトムント 4-0 レヴァークーゼン
ケルン 0-1 ボルシアMG
マインツ 2ー1 ヘルタ・ベルリン
ウニオン・ベルリン 1ー2 ブレーメン
アウクスブルク 2ー1 フランクフルト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング