福山雅治がパパラッチ!?名映画のリメイクで「バクマン。」監督がメガホンをとる

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月12日 10時49分

写真

福山雅治がパパラッチ!?名映画のリメイクで「バクマン。」監督がメガホンをとる

今年、デビュー25周年を迎え、アーティストとして、さらに役者としても、益々その活動に注目が集まる、福山雅治。彼を主演に迎えた新作映画『SCOOP!』の制作が発表された。

2013年公開、第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『そして父になる』以来の福山雅治主演作品となる。
原作は1985年に劇場公開された、原田眞人監督・脚本の映画作品『盗写1/250秒』。

芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語だ。
監督・脚本には、映画『モテキ』(2011年)が大ヒット、第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞し、今最も勢いのある大根仁監督。最新作の『バクマン。』も観客動員120.8万人、興行収入15.6億円(11月8日時点)と大ヒット公開中だ。

■あらすじ

フリーカメラマンの都城静(福山雅治)は、カメラの腕は確かではあるが、酒とギャンブルが好きで、借金に追われる中年パパラッチ。

かつて在籍していた写真週刊誌「SCOOP!」編集部時代は数々の伝説的スクープをモノにしてきたが、現在は黄昏モードで芸能スキャンダルを中心に追っていた。

そんな彼が、“ファッション誌志望にも関わらず、写真週刊誌「SCOOP!」に配属となってしまった”新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とタッグを組む中で、スクープを獲得していき、次第に大きな事件を追う事になる……。

「SCOOP!」の女性副編集長で独身の横川定子役に吉田羊。男性副編集長馬場役に滝藤賢一。
そして、静の旧友で、情報屋のチャラ源役には『そして父になる』でも福山とタッグを組んだリリー・フランキーを迎える。日本映画界・ドラマ界を代表する豪華キャストが脇を固めている点もみどころの一つだ。

10月12日にクランクインを迎え、福山雅治は髪と髭を伸ばし、衣装をクランクイン前から着込んでなじませるなど、徹底した役作りで本作に挑んでいるそう。

プライベートでは吹石一恵と入籍。連日の報道でおそらく今年最大の話題を呼んだ福山雅治。
そうでなくても普段は“追われる側”の福山雅治が、役者として追う側を演じる。
大根監督の予想外すぎるキャスティングは、今回もいい意味で期待を裏切ってくれるに違いない。

■福山雅治×大根仁監督コメント

■福山雅治

ずっと演じてみたかったタイプの役のオファーが、ある日舞い込んできました。しかも同世代クリエーターの星、大根監督から。盛り沢山のエンターテインメント作品になる手応えを感じながら撮影中ですが、すでに役から離れるのが寂しくなっている自分がいます。とても楽しく作品作りができている現場です。ご期待ください!

■大根仁監督

『モテキ』『バクマン。』に続く、僕のメジャー映画3作目となる『SCOOP!』は、いつか絶対に撮りたいと、長年温めてきた企画です。「福山雅治主演で企画を出して欲しい」と言われた時、まっさきに思い浮かんだのがこの作品でした。撮る側と撮られる側の関係を、スリリングに、エロティックに、センシティブに描き、なおかつエンターテイメント映画として成立させることが出来るのは福山雅治以外にはありえない。これまで観たことのない映画、そしてこれまで観たことのない福山雅治をどうかご期待ください!!

恋愛映画をアップテンポなモノローグと共に進行させ、ミュージカル描写まで織り交ぜた『モテキ』。漫画を描くという行為を“プロジェクションマッピング”と“ペンを走らせる音”で魅せた『バクマン。』。

邦画のエンターテインメント性を広げてきた大根仁監督が、福山雅治の新たな魅力をどう映すのか、映画ファンならずとも待ちきれないだろう。
今後の日本のエンターテイメントをけん引し続けるであろう二人がタッグを組んだ『SCOOP!』は2016年秋に公開。

(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)

■作品情報
『SCOOP!』
監督・脚本  大根仁
原作映画   「盗写 1/250秒」(監督・脚本:原田眞人)
出演     福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー 他 
製作幹事   テレビ朝日、アミューズ

ソーシャルトレンドニュース

トピックスRSS

ランキング