米国の月近傍拠点「ゲートウェイ」参画の方針を年内決定へ

sorae.jp / 2019年6月4日 18時13分

2019年6月4日、首相官邸にて「第19回宇宙開発戦略本部」が開催されました。

本会議では、宇宙基本計画工程表の改訂に向けた重点事項の決定、専門部隊の新設など新たな防衛大網に踏まえた体制整備や人材育成の加速。米国が進める月周辺の拠点計画「ゲートウェイ」について、日本国も戦略的に参画できるように、具体的な方針を年内早期に決定するよう内外の調整を進めるとしています。また、スペースデブリに関する今後の取り組みなども議論が行われました。

なお、安倍首相は「宇宙をめぐる情勢が目まぐるしく進展する中、来年5年目の折り返しを迎える宇宙基本計画について、新たな時代に沿ったものとなるよう、年度内改訂に向けた検討を開始してください」と、平井大臣を中心に関係閣僚の連携を強化し、スピード感を持った取り組みを行うよう指示しました。

Image Credit:首相官邸

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング