Google版スマートディスプレイもきた!「Google Nest Hub」6月12日に発売

sorae.jp / 2019年6月5日 18時23分

SB C&S株式会社とソフトバンク株式会社は、Google アシスタントを搭載したスマートディスプレイ「Google Nest Hub (グーグル ネスト ハブ)」を6月12日より発売開始します。

「Google Nest Hub」は、Google音声アシスタントを搭載した、音声で操作できるスマートディスプレイ。お馴染みの「OK Google」と呼び掛けるだけで、天気予報や音楽コンテンツ再生、そしてディスプレイを有効に活用できる、YouTube・Google フォト・カレンダー・マップなどの”画像”を見て情報を得るコマンドにも対応。また、他の対応スマートデバイスと接続してコントロールすることも可能です。更に、利用していない時はフォトフレームとして活躍するなど、様々なシーンで活躍できる仕様になっています。

一部除く全国のSoftbankショップ、Softbank SELECTION オンラインショップで購入することができ、Softbankのスマホユーザーは分割払いで月々の支払いとまとめることも可能なようです。

また、「Google Nest Hub」は7インチで、先日amazonから発表された「Echo Show 5」と比較して値段が上がるもののディスプレイは大きめ。価格はオープンですが、SoftBank SELECTION オンラインショップでは1万5,120円(税込)となっています。

 

Image Credit:SB C&S株式会社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング