チャンドラヤーン2号、ランダーのヴィクラムを分離成功

sorae.jp / 2019年9月5日 11時44分

インドの月探査ミッション「チャンドラヤーン2号」にて2019年9月2日、オービター(月周回探査機)とランダー(着陸機)が分離されました。

チャンドラヤーン2号は高度100kmを飛行するオービター、月に着陸するランダー「ヴィクラム(Vikram)」、月面を移動するローバー「プラギャン(Pragyan)」から成り立ちます。

そしてオービターやランダー、ローバーはそれぞれ観測機器を搭載し、月の水資源やX線に関する調査をおこないます。

今後、オービターは約1年間月を周回しながらミッションを続けます。一方、ランダーは9月6日にも月面に着陸する予定です。ランダーとローバーの活動期間は14日間となっています。

今回のミッションが成功すれば、インドは旧ソ連、アメリカ、中国に続き、4カ国目に探査機を月へと軟着陸させた国となります。

 

Image: ISRO
■India’s Chandrayaan-2 Moon Orbiter Releases Vikram Lunar Lander
https://www.space.com/india-chandrayaan-2-moon-orbiter-lander-separation.html
文/塚本直樹

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング