宇宙作戦隊のシンボルマーク公開 地球と星と衛星軌道、監視レーダーを表現

sorae.jp / 2020年8月3日 17時0分

宇宙作戦隊シンボル・マーク

宇宙作戦隊 シンボル・マーク(Credit:防衛省)

防衛省は7月31日、5月に新設された「宇宙作戦隊」のシンボルマークを公開しました。

シンボルマークは地球を中心とし正面中心の十字は宇宙を象徴する「星」を描き、2つの衛星軌道は常続不断の監視をイメージ。下側の6個の丸は山口県に建設予定の宇宙監視専用レーダー施設を意味し、両端の2個の星と背景に描かれた18個の星、合計20個の星は「2020年に部隊を新設した」ことを表しています。

宇宙作戦隊は5月18日に航空自衛隊府中基地に20人編成で発足。当面はJAXAやアメリカ宇宙軍との調整や人材育成や増員を行い、本格的な活動は2023年度を目指しています。なお、同年までに航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する検討を行っていることも1月に報道されています。

 

関連:改正防衛省設置法が可決。空自府中基地に「宇宙作戦隊」発足へ

Source: 防衛省

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング