【面接官も応募者も必読】面接時に答える必要がない&聞いてはいけない質問って?

相談LINE / 2014年12月25日 22時0分

写真

就職や転職、アルバイトの面接は、企業が応募者を見極める機会であると同時に、応募者が会社を見極めるためのものでもあります。しかし面接では「聞いてはいけない質問」、「答える必要がない質問」があることをご存知でしょうか。面接官が「聞いてはいけない質問」を平気でしてくるようであれば、当然モラルが欠如している会社と判断されるでしょう。また応募者としては「答える必要がない質問」を理解しておくことで、1つの防御策になるはずです。今回はそんな面接時のNGな質問について、川瀬裕之弁護士に聞いてみました。

■面接の質問としてふさわしくないものを教えて下さい

面接は採用活動の一環として行われますので,採用基準として相応しくないことを聞いてしまうことはNGです。
では採用基準として相応しくないこととは何か,大きく分けて三つ考えられます。

一つは,応募者個人にはどうにもできない事柄のことで,例えば出生地や家族構成,生育環境等に関することなどが挙げられます。

二つめは,思想信条に関わることで,例えば支持政党や宗教などが挙げられます。

三つ目は,プライバシーに関わることで,結婚や交際相手の有無,血液型等を聞くのもNGです。

相談LINE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング