「餃子の王将」で人気メニュー1位はやはり餃子、ワースト1位は…食通200人アンケート調査

日刊SPA! / 2017年5月15日 8時54分

【ベスト1位】餃子。6個が259円で、味良しでコスパ良し。ラーメンに3個140円を追加も人気だ

世のサラリーマンたちの胃袋と財布の味方である「激安飲食店」で、もっともおいしいメニューとは何か? 30~50代の食通男性200人にアンケート調査を実施、その投票数から「満足度の高いチェーン店」ランキングで、3位に選ばれた餃子の王将。ではそのなかで満足度の高いメニュー、ベスト3&ワースト3は?

◆王将の「餃子」が圧倒的1位。天津飯は甘酢よりも塩ダレ!

 全国で約700店舗を誇る中華料理チェーン店「餃子の王将」。やはり人気メニュー1位は、餃子にほかならない。ご飯に合うのはもちろん、さらに「ビールに合う!」(35歳・建築)とダントツの支持を得た。町中華研究家の下関マグロ氏も、「餃子は中華チェーン系では一番うまい!」と太鼓判を押す。

「実は餃子の焼き方の指定が可能。注文時に『よく焼き』や『両面焼き』とオーダーすれば、全面的にパリッ!とした自分好みの焼き方を楽しめますよ」とは嬉しい情報だ。

 2位はド定番の焼めしで、「中華料理屋特有の強めの火力でしっかり炒められ、パラパラで最高!」(42歳・整備)との意見続出。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1331066

「単品486円と安く、味付け的にも餃子との相性も抜群。セットにすれば中華最強ですね」(下関氏)

 3位の中華飯について下関氏は、「海鮮・野菜がどっさり入っており栄養バランスも良い。これが540円で味わえるのは嬉しい」と絶賛した。

<王将のベスト>

1位 餃子 税込み259円

2位 焼めし 税込み486円

3位 中華飯 税込み540円

<王将のワースト>

1位 天津飯 税込み518円

2位 王将ラーメン 税込み540円

3位 鶏の唐揚 税込み561円

 ワースト部門で最下位になった天津飯についてはアンケートでも「ただのケチャップ味で残念。具材も卵と少しの野菜だけ。これで518円は高すぎる」(45歳・公務員)と酷評が目立った。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1331072

「王将の天津飯はタレが選べて、甘酢は一番ダメ。塩ダレならば餃子にも合います。天津飯ならば関西の『中央軒』が抜群」(下関氏)

 また、王将では店名の入った「王将ラーメン」も失格の烙印。

「ちょっと癖が強すぎてイマイチ。他の中華料理チェーン店も概ねラーメンのクオリティは低い。最近では“麺抜き”で注文するお客さんもいるほどで、もはや具だくさんのスープ扱いですよ(苦笑)」(同)

 他の中華チェーン店では、日高屋の「レバニラ」、また関東中心に店舗数を増やす一番館は「かけラーメン290円とコスパ最強!」という意見も多かった。熱き中華チェーン戦争は今後も続く!

【下関マグロ氏】

グルメライター。’58年、山口県生まれ。フリーライター、町中華研究家。共著で出版した『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(立東舎)が話題に

― [激安飲食店]絶品ランキング ―

日刊SPA!

トピックスRSS

ランキング