元モー娘。たちの残念な卒業後…ひき逃げ、離婚、不倫、自殺未遂etc.

日刊SPA! / 2018年9月8日 15時56分

写真

画像は、吉澤ひとみオフィシャルブログより

 2018年9月6日、元モーニング娘。でタレントの吉澤ひとみ(33歳)が、酒に酔ってひき逃げ事件を起こし、過失運転致傷と酒気帯び運転、ひき逃げの疑いで逮捕された。吉澤をモーニング娘。在籍当時から知るファンは、リーダーとしてグループをまとめる姿や、実の弟を交通事故で亡くしているという事実を知っているだけに、失望の声をあげている。

 90年代末から2000年代初頭にかけて一時代を築き、ハロープロジェクト黄金期を支えたモーニング娘。のメンバーたち。だが、その反動なのか、グループ卒業後にトラブルを起こす元メンバーも少なくない。

 そこで今回は、モーニング娘。を卒業したメンバーたちが起こした様々なトラブルや、メンバーたちの苦しいその後をご紹介しよう。

◆矢口真里

 吉澤の前にリーダーを務めていた矢口真里(35歳)だが、彼女が起こした大スキャンダルが、まだまだ脳裏に焼き付いている方も多いことだろう。

 俳優の中村昌也(32歳)と結婚していた矢口だったが、モデル(当時)の男を自宅に連れみ、肉欲にふけっていた。そこに中村が帰宅、男と鉢合わせになっていたことが、週刊誌報道で発覚したのだ。元国民的アイドルが、アダルトビデオ顔負けの不倫騒動を巻き起こしたことは実に衝撃であった。その後矢口は、すべてのメディア出演を自粛するという事態に追い込まれたのはご存知のとおり。

 一年以上の活動休止期間を経て仕事に復帰し、徐々に仕事を増やしていった矢口。現在では、騒動をネタにするなど、復活傾向にある。また、不倫相手であった元モデルの男とも結婚し、幸せを掴んだようだ。

 なお、彼女のモーニング娘。卒業の理由も、某俳優との熱愛スキャンダルが原因といわれているが……。その放埓な男性関係は、治らない悪癖なのかもしれない。

◆加護亜依

 モーニング娘。在籍時、中心メンバーとして活躍していた加護亜依(30歳)は、卒業した後に数多くの問題を引き起こしていた。

 2006年、未成年でありながらレストランでタバコを吸っていたと写真週刊誌に報道され、当時の所属事務所から謹慎処分を受ける。翌年2007年には復帰の意向を表していたが、再び喫煙をしていたという報道がなされ、堪忍袋の緒が切れた所属事務所は契約解除、加護は芸能活動を休止せざるを得ない状況に追い込まれた。

 2008年の春には芸能界に復帰。タレントとして活動をしていたものの、2011年9月には、交際相手であった飲食店経営会社社長が、暴力団との関係を持ち出すことで知人を脅し、恐喝未遂の疑いで逮捕される。これにより加護は、警視庁から聴取を受ける事態となった。事件の4日後には、交際相手の逮捕によって精神状態が不安定になったのか、自ら手首を切って自殺未遂を図り、救急搬送されている。

日刊SPA!

トピックスRSS

ランキング