YouTubeで1億以上再生された日本のミュージックビデオ6選 米津玄師『Lemon』は3億再生

日刊SPA! / 2019年3月4日 15時51分

写真

画像は、YouTubeの【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]より

 シンガーソングライター・米津玄師が昨年3月に発売し、2018年を象徴する1曲となった『Lemon』。

 昨年の冬ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌として楽曲提供されたこの曲は、リリース2週間前からYouTubeにMV(ミュージックビデオ)が公開されていたのだが、今年2月上旬、なんと再生回数が3億の大台に到達した。

 3億と聞いてもピンと来ない人に向けて説明すると、ここまで再生回数が伸びたのは、日本のMV史上初となる快挙。

 米津本人は「こんな歌い難い曲」とコメントしながらも、『Lemon』は第一興商が発表した昨年の年間カラオケランキングで1位に輝いたほど、世間に親しまれている。昨年末の『第69回NHK紅白歌合戦』でパフォーマンスされたことも後押しとなり、この曲には今なお大勢の人々が関心を示しているようだ。

 しかし、3億回には満たなくても、1億回以上再生されているMVならば過去にも例がある。今回は、そのなかから6曲を紹介しよう(※再生回数のデータは2月下旬時点)。

◆AKB48『恋するフォーチュンクッキー』(2013年):約1.6億回再生

 まずは、国民的アイドルグループ・AKB48の“恋チュン”こと『恋するフォーチュンクッキー』。2013年6月の選抜総選挙で大島優子から1位の座を奪った指原莉乃は、この曲で初めてセンターポジションに立つこととなった。

 もはや有名な話かもしれないが、実はこの曲、リリース当初はメンバーたちからの評判が芳しくなかったらしい。今風のアイドルソングというよりも、1970~80年代のディスコを想起させる曲調なので、高橋みなみが「若い子はあまり好きじゃなさそう」と感じてしまったというのも納得だろう。だがフタを開けてみれば、キャッチーで真似しやすい振り付けも手伝って大ヒット。各地の企業や自治体がダンス動画を次々とネット上にアップするなど、とてつもない広がりを見せた。

◆三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『R.Y.U.S.E.I.』(2014年):約1.3億回再生

 続いては、2014年の日本レコード大賞に選ばれた三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの『R.Y.U.S.E.I.』。同年5月中旬のMV公開から約10日間で100万回再生に届くと、その勢いのまま9月には1億回再生を突破してみせた。

 ロサンゼルスで撮影されたというこの曲のMVは、メンバーがオープンカーやバイクに乗っていたり、豪華絢爛なクラブでのダンスシーンがあったりと、開放感に満ち溢れている。そして何より、その場から動いていないのにメンバーが走っているように見せる“ランニングマン”ポーズは、世の中で大流行となった。AKB48の『恋チュン』にも同じことがいえそうだが、あの振り付けをマネしたいがために何度も繰り返しMVを見たという人々が、きっとファン以外にも大量発生したのだろう。

◆RADWIMPS『前前前世 (movie ver.)』(2016年):約2億回再生

 2016年に公開され、社会現象を巻き起こした新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』。同作の音楽はロックバンドのRADWIMPSが担当し、4曲の主題歌を書き下ろしたが、なかでも『前前前世 (movie ver.)』はメンバー出演のMVも制作されている。

 草原を舞台に演奏するメンバーたち。ところがMVが進行するに連れ、“前世”というキーワードにちなんでメンバーたちの格好が侍や忍者に変わっていき、さらには猿が登場。猿の正体があのRADWIMPSかと思うと、たとえ曲に聴き入っていようともジワジワと込み上げてくるものがあるだろう。ちなみに、この曲には英語版も存在するが、タイトルはズバリ『Zenzenzense』とローマ字に変えただけ。疾走感のあるメロディに乗せて歌われる“前前前世(Zenzenzense)”というフレーズは、耳馴染みのよさがバツグンだ。

◆星野源『恋』(2016年):約1.9億回再生

 お次は、2016年に放送された自身の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌だった星野源の『恋』。Perfumeの振り付けやライブ演出などに携わっているMIKIKOが考案した“恋ダンス”はこの曲のMV内だけでなく、『逃げ恥』のエンディングでも新垣結衣らによって踊られた。

 ちょうど『逃げ恥』の放送が10~12月だったこともあり、忘年会の余興で恋ダンスを練習した社会人たちも多いのではないか。手の細かい動きが続くので、マスターするのはそう簡単ではなかったはずだが、変わったところだと、キャロライン・ケネディ氏ら駐日アメリカ合衆国大使館の職員たちも“踊ってみた動画”を制作している。恋ダンスの魅力は、国境をも飛び越えた?

◆DAOKO × 米津玄師『打上花火』(2017年):約2.4億回再生

 米津玄師といえば、彼が作詞・作曲し、ラップシンガーのDAOKOとともに「DAOKO × 米津玄師」名義で歌った『打上花火』も忘れてはならない。2017年に公開された新房昭之監督のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌ということで、この曲のMVには、映画の印象的なシーンがふんだんに盛り込まれている。

 なお、米津とDAOKOの共通点は、お互い「ニコニコ動画」出身だということ。米津は2009年に「ハチ」としてオリジナル曲を、DAOKOは2012年にラップをそれぞれ投稿し始め、頭角を現していった。今となっては“オワコン”と揶揄されてしまいがちな「ニコ動」だが、米津やDAOKOのような優れた才能が巣立っていった場所だと考えれば、その功績は侮れないだろう。

◆DA PUMP『U.S.A.』(2018年):約1.6億回再生

 最後はDA PUMP再ブレイクのきっかけとなり、昨年末には彼らを2002年以来となる『紅白』出場へと導いた『U.S.A.』だ。CDジャケットの解禁時点では「ダサい」という感想が目立っていたものの、ユーロビートに乗せたキレッキレのダンスパフォーマンスがMVで披露されると「ダサかっこいい」に評価が一転。

 サビでの“いいねダンス”、間奏での“インベーダーダンス”など見どころ満載のMVは、カタカナ言葉を多用した歌詞やサウンド自体の中毒性もあいまって、公開から約5か月というスピードで再生回数1億に到達した。活動開始から20年以上が経ち、オリジナルメンバーはISSAしか残っていないDA PUMPだが、ここに来て新たな代表曲を生み出すとは驚くほかない。

 ――今回ピックアップした6曲以外で1億回以上再生されているMVとしては、きゃりーぱみゅぱみゅの『PONPONPON』(2011年、約1.4億回再生)やDream5の『ようかい体操第一』(2014年、約1.6億回再生)、SEKAI NO OWARIの『RPG』(2013年、約1.5億回再生)などが挙げられる。

 そんななか、米津玄師は『Lemon』と『打上花火』に加えて、『アイネクライネ』(2014年、約1.7億回再生)、『LOSER』(2016年、約1.7億回再生)、『ピースサイン』(2017年、約1.3億回再生)の3曲でも1億回再生をマークしており、まさに時代の寵児といったところ。『Lemon』の記録を超えられるとしたら、それは彼しかいないのかもしれない。<文/A4studio>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング