『翔んで埼玉』だけじゃない!“ご当地自虐系”マンガは群馬、静岡、栃木にも

日刊SPA! / 2019年3月21日 15時51分

写真

「おまグン」という略称でも知られる『お前はまだグンマを知らない』。地元民だけが知るような、群馬情報がふんだんに盛り込まれているところも魅力だ(『お前はまだグンマを知らない 1』新潮社)

 劇中に登場する埼玉への“ディス”の数々が痛烈すぎることで、大きな話題となっている映画『翔んで埼玉』。二階堂ふみとGACKTが主演を務め、埼玉県民が差別を受けている世界を舞台に、東京都知事の息子と埼玉出身の転校生のラブストーリー……と見せかけて、ナンセンスギャグ満載のコメディ映画となっている。

 コメディ映画は、なかなかヒットしないことが定説となっているそうだが、『翔んで埼玉』は週末興行成績ランキングで初登場1位を獲得すると、以降も好調をキープ。興行収入が15億円突破(3月11日発表)する異例のヒット作となった。

 映画の原作は、80年代に出版された魔夜峰央さんの同名マンガ。出版当時は話題にならず埋もれていたそうだが、2010年代後半になって、その衝撃的な内容がSNSで話題となり復刊されることに。その後、テレビ番組で取り上げられたことでさらに注目を集め、現在その累計発行部数は69万部を超えているという。

『翔んで埼玉』のように、ある地域に特化して描くことで、人気を集めているマンガは少なくない。そこで今回は、そんな地域特化マンガのなかから、「面白い!」と話題の作品をご紹介する。

◆『お前はまだグンマを知らない』:数々の群馬あるあるも魅力

『お前はまだグンマを知らない』は、“秘境”や“未開の地”として、インターネット上でネタにされることの多い群馬県を思わせる「グンマ県」が舞台のマンガ。累計発行部数は70万部を突破し、これを原作としたテレビドラマや映画、アニメも製作されている人気作だ。

 その内容は、「グンマ県」の高校に転入してきた主人公・神月が、飛び交うグンマ弁や独特なグンマカルチャーといった地元民からの強烈な洗礼を受けながら、グンマ愛に目覚めていくというもの。

 ぶっ飛んだストーリー展開や、強烈な群馬イジリが人気となっている本作。さらに、作者である井田ヒロトさんは「グンマ在住」とのことで、地元民だけが知っているローカル情報もふんだんに盛り込まれており、読了後に「現実の群馬に行ってみたくなった」という人も多いようだ。

◆『東京都北区赤羽』:東京のディープスポットが好きになる!?



 赤羽に住む作者・清野とおるさんが、町で遭遇した数々の奇妙な出来事を描く実録エッセイマンガ『東京都北区赤羽』。本作をモチーフとして、2014年に放送され話題となった異色のテレビドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京)を、ご存知の方も多いかもしれない。

 デビュー後に連載を失ってしまい、実家にいるのがいたたまれなくなったという清野さんは、赤羽に引っ越すことに。東京都に住んでいる人でもなかなか訪れることのないディープスポットに暮らしながら、他所では出会えない人々や、あり得ない店のカオスな実態を描き出している。

 登場人物は、女性のホームレスながら、清野さんが孤高の天才アーティストとして尊敬しているというペイティさんや、「赤羽の核爆弾」という異名を持つタイ料理店のママ・ワニダさんなど、強烈な人々ばかり。読めばあなたも、赤羽の底知れぬ魅力に、惹きつけられることだろう。

◆『ススメ! 栃木部』:3人の高校生が栃木で繰り広げるドタバタ物語

 一葵さやかさんによる『ススメ! 栃木部』は、「生まれも育ちも栃木県」という作者が、非常に地味で目立たず、忘れられがちな栃木県を舞台として、栃木愛全開で描く当地コメディマンガだ。

 地元を愛する日光ゆば屋の娘・中禅寺晃と、宇都宮餃子屋の自称看板娘・堤咲喜は、栃木県が都道府県魅力度ランキングの上位に入らないことに悩んでいた。そこで彼女たちは、栃木県の魅力を向上させるべく「栃木県魅力向上部」、略して「栃木部」を発足することに。

 そこに強引に巻き込まれたのが、東京から転校してきた男子高校生・宮本真都。3人が織りなす汗と涙にまみれた(?)ドタバタストーリーと、豊富に散りばめられた栃木ネタが、本作の大きな魅力となっている。

◆『ローカル女子の遠吠え』:アラサー女子の静岡暮らしを描いた良作

 東京になじめず、実家のある静岡にUターンしたアラサー女子・有野りん子を主人公としたマンガが、瀬戸口みづきさん著『ローカル女子の遠吠え』だ。静岡県民や首都圏で暮らしている人にはもちろん、地方と都心の両方で生活したことのある人には、より刺さる内容となっている。

 地元へ戻り再就職したりん子の日常を、4コマで描いていく本作。東京本社から出向してきた男や、地元を離れたことがないという同僚の女、ブラック企業に勤めていた同級生などに囲まれ、東京と静岡の違いに戸惑う主人公の、複雑な心の内を表現した良作となっている。

◆『埼玉最強伝説』:ホラーマンガ家によって描かれるダークな埼玉

『埼玉最強伝説』は、『不気田くん』や『不思議のたたりちゃん』で知られる伝説のホラーマンガ家・犬木加奈子さんが描いたダークエッセイマンガだ。

「埼玉は東京のダークサイド」と、マンガ内で真面目に語る本作は、「埼玉県女子の胸は日本一小さい」という総務省調べのデータなどを用いながら、ホラーテイストで埼玉県を自虐りまくる内容となっている。

 しかしながら、埼玉県在住である作者の埼玉愛は本物。あふれる埼玉への思いが随所に感じられる本作を読めば、埼玉県を好きになること請け合いだ。埼玉県を知らない人にこそ読んでほしいマンガだといえよう。

 ――意外と多い、ある地域に特化したマンガたち。作風は違うが、どれも地域に対する愛に溢れた良作なのは間違いないので、ぜひ一度手に取って、読んでみていただきたい。<文/後藤拓也(A4studio)>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング