390円で買える傑作も! ユニクロの「今すぐ買うべき逸品」マストバイ5選

日刊SPA! / 2019年4月17日 8時54分

写真

ベリーショートソックス 390円(+税)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第224回目をよろしくお願いします。

 今回は恒例、ユニクロのマストバイ5選をお届けします。ユニクロの開発部隊の皆さまもぜひご覧ください。

◆▼何年も売り続けてほしい傑作アイテム

・エアリズムUVカットカーディガン(長袖) 1990円(+税)

 これはぜひ試してほしい。ユニクロのVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)部隊の人はぜひご一考を。どの店舗を見ても打ち出し方がイマイチ弱めな気がしますが、これ、ちゃんとレイアウト作ったらバカ売れする気がします。というのも、売れてくれないと困る。これからもずっと長く展開してほしいんです……。数年に一回買い換える予感、そのくらいの超名作です。

 見た目は普通のカーディガン、だからたぶん通販ではイマイチ売れないでしょう。でも、店舗でモノを触った人は「これ、本当にユニクロかよ……」と驚愕したはず。

 エアリズムを使ったカーディガンなのですが、まるでシルクのような風合いに見え、高級ニットカーディガンのような印象に、某ジョンメドレーも真っ青。UVカットで通気性もよく、着心地抜群。しかも、洗ってもすぐに乾くイージーケア。ツヤのある品のいいカーディガンだけに日常着だけでなく、シャツとスラックスを合わせたONスタイルにも適応できる。値段は恐ろしく安い。これ、どこに死角があるの……?

 ああ、もしユニクロとコラボができるなら、MB別注でこのアイテムのクルーネックタイプを作るのに!! Vネックだけじゃなくてこの素材でアニエス・ベーのようなフレンチカジュアルなクルーネックタイプもほしい!! ユニクロさん、素材をすでに持ってるわけだから、小ロットでイケるでしょ? ぜひ作ってください……。

◆▼まだ窮屈なスキニーで消耗してるの?

・EZYジーンズ(丈標準76~79cm) 2990円(+税)

 一番初めはイタリアのディーゼルが取り入れたと記憶しています、スウェットライクな素材のジーンズ。当初、それはあまりにも画期的で、多くの雑誌が取り上げていました。見た目はヴィンテージウォッシュのジーンズなのに履いてみると、着心地は完全な「スウェット」。伸縮性があり、柔らかく、スキニーシルエットでも、まったくストレスを感じさせない素材でした。

 徐々にこのテキスタイルが広がりを見せ始め、いよいよユニクロなどの量販店に降りてきたのがここ数年の話。いまだに「スキニーは窮屈だから無理」なんて言う人がいますが、ぜひこちらを試してからモノ申していただきたい。細身で美しいシルエットですが窮屈感はどこへやら、ストレスを感じさせないスキニーは今や3000円程度で手に入ります。

 ジーンズにこだわりがあり、素材への探究心が強いユニクロならではのクオリティ。他量販店でも今や多くスウェットジーンズが出ていますが、今のところ、ユニクロが一番コスパに優れています。

◆▼いよいよユニクロが「丈短め」を開発してくれた

・コンフォートジャケット(丈短め) 5990円(+税)

 コンフォートジャケットはユニクロ歴代の名作ジャケット。「ジャケット」と聞くと、カッチリとしたフォーマルウェアのイメージですが、こちらは肩パッドなどがない、いわゆる「アンコンジャケット」。加えて素材はスウェットのような風合いでもっちり柔らかく着心地はまるでカーディガン。

 従来のスーツジャケットのような堅苦しさや着心地の悪さがなく、伸縮性・柔らかさなどに特化しており、楽チン極まりない。しかもただ着心地がよくなっている……というだけでなく、風合いは艶をおびており、スーツのジャケット同様のフォーマル感がある。つまり「カッチリしているのに着心地は楽」といういいとこ採りなアイテム。クールビズなどのONスタイルはもちろん、OFF時のカジュアルアウターとしても十分使える優れもの。

 私も数年愛用していますが、たったひとつ不満があるのなら「着丈の長さ」でした。ユニクロのフォーマルウェアは、少し着丈が長すぎるきらいがあります。例えば、シャツ類などもパンツの中に入れるならともかく、外に出して着るには少し長すぎる。

 おそらくユニクロはJクルーやブルックスブラザーズなど海外の老舗シャツブランドのクリエーションを意識しているのだと思いますが……ONスタイルならともかく、OFFスタイルでは過剰に長い。特に胴長短足な日本人の体型ではうまく工夫しないとだらしなく体型が崩れて感じてしまう。無印良品ほど着丈が短いのも子供服みたいでかっこ悪いですが、かといってユニクロの服は少し長すぎる。

 しかし、最近は「丈標準」「丈短め」などのバリエーションをつけてくれるようになりました。このジャケットもまさにコレ。フォーマル時、スラックスと合わせるときには着丈が長い方がクラシカルに見えて美しいですが、デニムやチノなどに合わせるときにジャケットが長いとだらしなく見えてしまう。(カジュアルの場合、色の差が強いパンツと合わせることが多いため、着丈の長さが目立ちだらしない印象に見えるのです)

 カジュアルで使用することが多い人は丈短めを、ビジネスで同系色のスラックスと合わせることが多い人は丈長めを選べばいい。これでこのジャケットは死角なしです。

◆▼このクオリティで1290円は反則すぎる

・ワッフルヘンリーネックT(長袖) 1290円(+税)

 このワッフル素材のカットソーは初回リリースから何シーズン目でしょうか、ようやく完成形になった予感がします。風合いがよく、適度に肉感があるワッフルカットソー。ワッフルのいいところは肉感があるけど蒸れにくいところで、秋冬はもちろんですが、春夏に着用しても不快感がないところ。そのうえ、ニットよりも安価で、かつ家庭用洗濯機で洗えるイージーケア。さらにさらにワッフル特有の凹凸感のある素材で、お腹や胸まわりのムッチリ感がごまかせるのもありがたい。

 完璧に見えるワッフルカットソーですが、なぜか数年前まで裾がボックス型だったのです。軍モノに起源を持つワッフルカットソーはラウンドカット、裾がシャツのように曲線を描いた形になっていました。この曲線により少し長めの着丈で腰回りを隠してくれて、脚長に見せてくれる効果がありましたた。ただ長いだけだとだらしない印象になりますが、ラウンドで前と後ろは長いけど横は短い着丈になっており、中途半端な長さだからこそ、だらしなさも軽減されているわけです。

 何を思ったのかユニクロはこのラウンドを改変してボックス型でリリースしていました。ここだけ直してくれたら、完璧なのに……というわけで、昨年くらいからラウンドカットに修正。これで文句ありません。1290円でこのクオリティの商品が手に入るならもうブランドは商売あがったり。どうやってつくっているのか、皆目見当つかないくらい安いです。

◆▼もう勘弁してあげないと独占市場になっちゃうよ……

・ベリーショートソックス 390円(+税)

 このソックスを買い換えるたびに「ユニクロの商品開発部隊は本当にすごい」と感動するのです。なにしろ買い換えるたびに微妙にデザインが変わっている。

 この手のソックスはとにかく「脱げやすい」。個々人の足の形にも起因するので、なかなか「完璧に脱げないインソックス」を開発するのは困難だと思いますが……それにしてもユニクロの初期型インソックスはスポスポ脱げてました(笑)。歩けばすぐにかかとがズリ落ちて、靴の中でたまってしまう。あの不快感はこの手のソックス愛好者ならば、誰でも理解してくれるでしょう。石田純一さんあたりならお詳しいはず。

 しかしある時から妙に脱げにくくなったのを覚えています。買ったソックスをよくよく見てみると、裏側にある滑り止めのゴム部分が微妙に変わってる……。それにソックスの穴の開き方も変わってる気がする……。私はほぼ1年おきくらいにこのソックスを買ってますが、毎度必ず微妙に形状が違う。ユニクロのあくなき商品開発の追求は本当にすごい。「ソックスだけの担当者」がいるんじゃないか?

 そして、個人的に今回のマイナーチェンジこそ「マスターピース/傑作」と言っていい出来です。滑り止めのゴム部分が大幅に変更され、ほぼ完璧なずり落ち防止機能に。かつ穴の開き方も絶妙でほとんどすべてのローファーでソックスが見えることがありません。

 ソックス部隊の皆さん、もうこのへんで終わりにしといたほうがいいかと……。これを390円で売るなんて……「FALKE/ファルケ」などの高級老舗メーカーが泣いてますよ。

 以上、ユニクロの買うべき逸品5選でした!

【MB】

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング