GUで今買うべき5選。3990円ジャケットは着心地バツグン

日刊SPA! / 2019年5月1日 8時54分

写真

カノコジャケットCL 3990円(+税)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第226回目をよろしくお願いします。

 先週に引き続き、今週はGUで手に入る「買うべきアイテム」を紹介します!

◆▼だんだんこなれてきたGUのジャケット類

・カノコジャケットCL 3990円(+税)

 一昨年あたりからクールビズやスーツなどONカジュアルの展開を強化し出したGU。以前はスーツやジャケットも1型~2型程度の展開でしたが、徐々に軌道に乗り出し、最近ではリネン素材やカノコ素材など多くのバリエーションをつくっています。

 特に今年おすすめしたいのはカノコジャケット。今年に入ってこれをGETし、着用しているんですがかなり快適……!! 通気性がいいだけじゃなく、軽くて着心地は抜群。一般的なスーツと異なり、ニットのように伸縮性も高く、動いても邪魔にならない。通気性がいい分、電車の中で汗まみれになりにくいです。

 同素材のパンツがあり、セットアップになれば、さらによかったのですが、残念ながらカノコのスラックスは展開なし。まあ、クールビズ的に普通のスラックスに合わせて、ジャケパンスタイルはつくれるのでそれでもよし。

 こうしたカットソー素材を使った安物のジャケットなどはすぐに型崩れなど起こしがち……ですが、それなりに着ても今のところ、その前兆はなし。着心地もよく、形もきれい、耐久性も(今のところ)文句なし。スーツを展開しはじめて2年? 3年? モノづくりにこなれてきた感があります。

◆▼早かったGUのノンアイロンシリーズ

・イージーケアピンオックスフォードシャツ(長袖)CL 1990円(+税)

 ユニクロでも展開しているノンアイロンなどのイージーケアシャツ。実はGUはイージーケアの展開がほかに比べて、かなり早かったです。このピンオックスのイージーケアシャツも、ユニクロが「洗ってすぐ着れる」みたいなCMを打ち出すずいぶん前から展開していました。なんかユニクロの専売特許みたいに見えてる分、GUの担当者は悔しいんじゃないかな……。

 確かにユニクロのノンアイロンも魅力的ですが、GUも面白い。何よりいいのはユニクロではありえないような遊び柄や遊び色が置いてあること。こちらのシャツもビジネスシーンでは珍しいダークグリーンなどが展開されています。ほかにもインディゴ素材やカーキ色のストレッチ素材など変化のある色柄が盛りだくさん。

 スーツの場合は特にバリエーションを求められますが、ユニクロの色柄はどうも「優等生」すぎて面白みに欠けます。値段も安く、素材の耐久性やイージーケアなどの扱いやすさはGUもなかなかのもの。時にはこちらに手を出してみてはいかがでしょうか。

 個人的にはこのピンオックスの素材がかなり気に入っています。糸が細く、ツヤ感がある上質なオックス素材。この見た目で1990円は超破格です。

◆▼梅雨時期まで使える撥水性のあるパーカー

・アクティブスウェットフルジップパーカ(長袖)GS 1490円(+税)

 もっちりとした素材のパーカー。普通の綿素材のものと異なり、ハリがありアウターライク。シワがなくツヤが強く大人っぽい印象になっています。パーカーなんてどれも同じでしょ……と思う人ほど試してみてください。着心地も見た目もいいこの質感はクセになります。

 値引きされて1490円とかなり手頃。撥水性があるので雨が降ってきたときにも対応でき、ゴールデンウィークあたりから梅雨にかけての時期に使いやすいです。

◆▼アウトドアブランドを模倣した1490円の秀作

・ブッシュショーツ 1490円(+税)

 アウトドアメーカーのショーツに似せたアイテム。素材感が写真では伝わりにくいですが、ハリがあり、撥水性の高い。1490円には到底見えないほど高級感があります。

 この手のショートパンツはガサガサしたコットン素材などを使うだけで、一気に「小学生」感が出てしまいますが……こちらは質感に富んでいるので、イエローなどの派手色を選んでも問題なし。今年らしく合わせたいならロングシャツなどを合わせるのがいいでしょう。足元は高級感を出すため、下記のレザーサンダルがおすすめ。

 イージーウエストで着用感も快適です。

◆▼今年はサンダルもおすすめ! リアルレザーに見えるブランド品ライクなアイテム

・スエードタッチサンダル 1990円(+税)

 かねてから、この連載でもGUのフェイクレザーシューズをおすすめしていますが、こちらもお馴染みのフェイク素材。スエードライクに見える起毛した化学繊維を使ったサンダルですが、これまたかなりリアル。ステッチなどもレザーサンダルのそれを模倣しており、パッと見は高級レザーサンダル「アイランドスリッパ」のよう。

 安物靴はとにかくはき心地が辛いものですが、こちらは案外快適。トング型はどうしても靴擦れが起きやすいですが、それでも素材感がかなり柔らかくだいぶ楽なほうです。

 何より夏場に高級感を与えられるのは嬉しい限り。短パンTシャツと、とにかく安っぽい着こなしに終始してしまいがちな夏のメンズファッション。レザーアイテムを一点でも使っていると、グッと大人っぽく見えるものです。

 以上、GUの「おすすめ5選」でした! ぜひご参考に!

【MB】

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング