「絶対に女性から選ばれない男」の特徴。そのアピール方法が嫌われる

日刊SPA! / 2019年5月23日 8時53分

写真

※写真はイメージです

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

 今回はズバリ! 30歳からの恋愛で絶対に女性から選ばれない男性についてお伝えさせていただきます。

◆大人の恋愛にはテクニックよりもマインド

 現在、恋愛についての本や情報は、さまざまな場所で得ることができます。出会いの場所も手軽になり、コミュニケーションの方法も心理学を利用した恋愛論が出回っていますよね。

 しかし、いくらテクニックを磨いても好きな女性から選んでもらえない男性が一定数います。学んだ通りにやっているにもかかわらず効果がないのは、相手のせいではありません。

 実は、自分自身に原因があることは気がついているでしょうか? 

 恋愛はテクニックよりもマインドが大切です。「あなたに興味があるというマインド」で相手に投げかける質問と、「本で書かれていたテクニック」で質問を投げかけるのでは、その効果はまったく違います。

 言葉を相手に伝えるのと、伝わるのは違うということです。さらに男性はロマンチスト、女性は現実的と言われるように、男性のほうが恋愛や結婚に対して理想や夢を見ている人が多く、女性のほうが現実的にこの人と生活ができるのかということを考えます。

 30歳を超えた恋愛だと、女性は特に現実的になり、結婚を意識した付き合いを望みます。そのため、女性が男性に求めるのはビジュアルよりも器の大きさ。しかし、男性は10代からいくつになっても恋愛相手にしたい女性に求めるものは変わらず、そのため、アピール方法も変わっていない人が少なくないです。

◆承認されたがる男は面倒くさいだけ

 男性は競争心、承認というこの2つをベースにさまざまな行動の選択をすることが多く、恋愛においてもアピール方法が変わらない男性は、競争心や承認欲求を前面に出しています。

 いま一度、あなた自身の女性へのアピール方法を振り返ってみてくださいね。

▼隙あらば自慢する男

 出会って自分をわかってほしいあまり、自身で自分のすごさを伝えすぎてしまう男性。子供の頃なら「足が早い」「勉強ができる」など、もう少し自然に自分のすごさを伝える術があったかと思います。

 しかし、社会人になり、能力を伝えることこそ、女性が落ちる魅力だと勘違いしている人はこの地雷を踏みがちです。

 さらに「寝てない自慢」「過去の武勇伝自慢」など承認欲求の強い男性ほど、女性からすると、「めんどくさそうな男性」。

 自分自慢をする男性を30代女性は、「器の小さな男性」「承認欲求の強い男性」「実はそんなに能力の高くない男性」と評価をします。

 自分の能力の高さは、第三者、または相手との信頼関係が強固なものになってからしていくことをおすすめします。まずは相手の素晴らしさや相手が自分を自慢しやすい環境をつくっていきましょう。

▼周囲の価値を下げる愚痴男

 周囲の人やモノなどの愚痴を言うことで、「自分はしっかりと意見を言える男だ」ということをアピールし、上手にマウンティングしていると男性は勘違いしがち。

 しかし、すぐに愚痴る人は、実は自分の自尊心を保ちたい男性。そんな男性に対し女性は、「愚痴が多い男性」ということだけを受け取り、実際は男性自身の価値をさらに下げてしまう行為になってしまいっています。

 まずは、さまざまな情報や人やものに対して、素晴らしさや魅力を語れる男性になれるように日常から前向きに物事を捉えていきましょう。

 自分自身に振り返ったとき、上記の2つをやってしまっているな……と感じた男性。自覚をできているだけでも十分です! 

 逆に自分は大丈夫だと安心しながらも、結果的に女性とのお付き合いに至っていない男性は危険といえます。

◆「絶対に女性から選ばれない男」は夜のお店でカモになる

 女性と出会ったあとにこんな経験はありませんか?

「すごい!」と、とても褒めてくれ、承認欲求を満たしてくれる女性。そうして「もしや自分に気があるのでは?」と感じたのにもかかわらず、個人的な連絡先を知らなかったり、知っていたとしても気がついたら連絡がフェードアウトしてお会いする日もなかなか合わなくなったり……。

 こんな経験をしている男性は要注意。絶対に女性から選ばれない男性になっている可能性大です。

 私は20代後半にホステスのお仕事をさせていただいていました。接待をお手伝いしたり、飲みの場、遊びの場としてサービスをしたり……ホステスの仕事はさまざまあるのですが、やはり、「このお店に行きたいな」と感じてもらうためには、多少、恋心をくすぐる必要性もありました。

 そんなとき、「自慢男」や「周囲の価値を下げる愚痴男」は恋心をくすぐり、定期的に来店してくれるようなお客さまに育てるのは簡単でした。ホステスやキャバクラ、ガールズバーでは、心地いい状態になるかと思います。しかし、女性は自分のビジネスのために自尊心をくすぐり、承認し、競争心を煽ってあげているのです。

 私が夜の世界でお仕事をしているときに、裏側では一番、嫌われている男性の行動原則が「自慢男性」や「周囲の価値を下げる愚痴男性」でした。「プライベートでは無理」「めんどくさい男性」という裏側での声こそ、一般女性の本音です。

 自分自身の能力を大きく見せることは、30歳を超えてからの恋愛では絶対にやってはいけません。今、一度言動を振り返り、あなたの魅力の見せ方を考えていきましょう。

【山本早織】

1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は婚活をしている男女に対して、恋愛コンサルタントとして「好きな人から愛される方法」を伝授する。ブログ「あなたの幸せはなんですか?-結婚につながる恋のコンサルタント-」、メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング