「中古車はイヤ、中古マンションはOK」と考える人の非合理さ

日刊SPA! / 2019年6月16日 15時50分

写真

新築だろうが中古だろうが「住めば都」だとは思います

 腕時計もクルマも好きな斉藤由貴生です。私は、現代のおかしな消費を変えるために実践を重ねながら、いろいろ研究してきました。私は30代のいわゆるバブルを全く知らない世代です。所有欲の薄い世代とは言われますが、私の場合は、むしろ価値あるものは我慢せず所有したいと考えています。そんな私の価値観を、不定期ですが披露したいと思います。

◆第22回 マンションは中古で買うのが当たり前の風潮

 今回も、中古品の不思議と魅力についてお話しします。

 漠然と「中古」は嫌だって思っている人でも、家については中古に抵抗がないことが多いようです。清潔かどうかを気にするのであれば、家こそ新築が良さそうですが、そこを妥協できる人が多いから不思議です。賃貸でも分譲でも、前に誰か他人が住んでいた家に住んでいますよね。

 特に中古車に対して「事故車じゃないの?」と言う人だって、誰かが住んでいた物件に住んでいます。中古車の場合は「修復歴」という評価基準があるので「事故車である」という前提に納得して買うことになります。事故車かどうかの評価基準がしっかりしている中古車はなんとなく避けて、前にどんな人が住んでいたかわからないところに住むのはなぜでしょう。それは、当たり前のように多くの人が中古物件に住んでいるからです。つまり、当たり前とは、考えなくてもいい「勝手な常識」です。

 とはいえ、住宅は人生で最も高い買い物なので、きちんと考えて買うことが多いでしょう。すなわち、家は「考えて」ちゃんと買っているのです。そして、家については多くの人が売る時のことまで考えて購入します。都心にマンションを買う人の多くが、買う時に「将来的には売れる」と思って“価値のある物件”を買うでしょう。つまり、月々10万円を家賃として払っている状態から、ローンで月10万円以下の金額を払って後々は売れるから買っても得だという判断をしているのです。

 家を買う時はたっぷりと時間をかけていろんな物件を見て回り、場所やら設備やらの条件をきちんと考えます。で、得であれば中古物件だって検討の視野に入ってきますよね。そもそも、家を買う前に住んでいた賃貸マンションは新築のほうが少ないのですから、中古にそこまでの抵抗はないはずです。実際に中古を買わない人でもマンションを買う場合は、中古を含め検討するはずです。

◆中古でもOKという発想をほかの消費行動にも応用すべき

 マンションの場合は、新築で買っても中古で買っても値上がりすることがあります。特に景気が良くなって地価が上がれば、マンションの価格だって上昇します。逆に景気が悪くなったら値下がりしてしまいますが、マンションの値段は0円にはならないでしょう(ただし、額が大きいだけに、その価値がガクンと下がったらかなりの損失です)。
 バブルの頃にマンション投資が流行ったように、マンションに関しては「売れる」という認識が多くの人にあるのです。だからこそ、30年ローンなんて気の遠くなるリスキーなものを背負ってまで買う人も多いのでしょう。

 マンションは、考えて買うのが当たり前で、中古を検討するのも当たり前で、ローンを組むのも当たり前、そして家族が増えたらなんとなく買っちゃうのも当たり前。この当たり前という認識によって、多くの人が買ってしまうのです。

 ちなみに私個人は、家を買う予定はありません。なぜなら、今のところ家に興味がないからです。たしかに賃貸がもったいないという意見もありますが、賃貸のほうが総合的に得なのか買ったほうが良いのかは意見が分かれるところでしょう。

【斉藤由貴生】
1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」で執筆。お金を使わず贅沢する「ドケチ快適」のプロ。腕時計は買った値段より高く売却、ロールスロイスは実質10万円で購入。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と『もう新品は買うな!』がある

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング