交際何年で結婚できる?時間をムダにしないために今すぐすべきこと

日刊SPA! / 2019年7月4日 8時54分

写真

※写真はイメージです(以下、同)

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

 現在、あなたは何歳ですか? 私は今年で34歳になります。グラビアアイドル時代、私の周りには私よりも年上の大人しかおらず、「かわいいね」「若いね」と言葉をかけられて育ちました。

 当時18歳くらいの私からしたら、20歳になることも想像はできなかったし、20歳を超えたときには、26歳の女性を「おばさん」とイジって怒られていました(笑)。

 しかし、今はどうでしょうか。26歳もとうに越し、34歳。現在の自分を自分でおばさんだなんて思ったことはない(厚かましくてすみません)し、「まだまだ私イケる!」ってエネルギーに溢れています。

 きっとほとんどの人が、今の自分の年齢に対して「まだまだ若いな」と評価しているのではないでしょうか?

◆結婚までの平均交際期間は長期化の一途

 しかし、婚活をしていくうえで年齢というのは条件の中で外せない数字のひとつです。そして、時間だけは巻き戻すことができない財産です。

 結婚相談所ではこの時間という財産を無駄にすることなく結婚へ導く方法を提案しサポートしていきます。では、なぜこれだけ結婚相談所や婚活アプリへのニーズが高いのでしょうか。

 みなさん、現在、恋愛結婚で結婚する方の平均交際日数を知っていますか?

 国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」によると、調査が初めて行われた1987年の平均交際日数が2.54年だったのに対し、年々長期化を続けた結果、最新の2015年の調査では4.34年となっています。

 交際日数が長くなっている理由はさまざまありますが、大きな要因の一つとして、結婚に対する認識の違いや、結婚願望のすれ違いが起こしているものではないかと私は感じています。

 私自身も最初の夫とは20歳で出会い、5年のお付き合いを経て結婚となりました。彼は結婚願望が強かったものの、私は結婚にまったく興味がなかったところからの交際スタートでした。

 そして、現在の夫とは28歳で交際をし、4年の交際後結婚となりました。お互い結婚願望のない同士での交際スタートとなりましたが、私が30歳のときに「子供がほしい」と感じたのをきっかけに結婚を改めて求めるようになり、2年の時間をかけて彼をクロージングしました。

 私が彼をクロージングしたと言っても、彼からのプロポーズというオファーがないと結婚はできないと判断し、ゆっくり周りからクロージングした結果、2年という月日をかけたのです。

◆「目的が合う人」との出会いを大切にする

 繰り返しになりますが、時間は巻き戻すことはできません。

 もしも、私が2年の月日をかけた結果、結婚ではなく別れるという形になっていたとしても、その2年は戻ってこない。婚活をする上でとても大切なこと、それは「目的が一緒」ということです。

 結婚相談所の会員さんは「結婚したい」という目的がひとつだったり、婚活アプリには自分の目的が明確に記載されていたりします。「何を求めているのか?」というのが理解できるだけで相手との関係をつくりやすくなるわけです。

 30歳を越えてからの出会いと恋愛はとても貴重です。せっかく出会い、好きになった人に結婚願望がないというのが、実は一番不幸なこと。もしも、まだあなたに好きな人がいない状態で、あなた自身に結婚願望が少しでもあるのなら「結婚をしたい」と目的を持っている人との出会いを積極的にするべきです。

 人は、日常的に「目的カード」というものを持っていると私は言っています。

 例えば、風邪をひいて薬局で薬を買いたいとしましょう。その際、あなたは「風邪薬がほしい」という目的カードを持っているわけです。そして、薬局は「薬を売りたい」という目的カードを持っています。お互いがお互いの目的カードを満たせるからこそ関係性が構築され、お互いが幸せになれるわけです。

 では、街コンへ行ったとしましょう。あなたは「結婚したい」という目的カードを持っているとします。出会った相手は「恋愛したい」という目的カードだったとしましょう。

 すると、出会ってから、あなたの目的が達成されるには、お相手の目的カードも「結婚したい」にチェンジするか、あなたが「恋愛したい」にチェンジするしか、関係性を築き、お互いが幸せになる方法はないのです。

◆闇雲に出会いを求めても結果はついてこない

 人と人が出会い、2人の間の関係性を築いていくには、お互いの目的カードを合わせ、認知していくこと。そして、利害関係ではなく、無償の愛を与え続ける「結婚」は、お互いの目的カードが合うということ自体とても奇跡的なこと。

 さらに「結婚」という目的カードは、そのカードを持ちたいという願望がなければ持つことができないのです。

 もしも、あなたが結婚をしたいと感じているなら闇雲に相手に出会うという出会い方をしていることがどれだけ生産性がなく時間のかかることなのか理解をしてもらえたのではないでしょうか。

 1年以内に結婚をしたい。相手がいるなら今すぐしたい。そう思っている人がいたら、「結婚をしたい」という目的カードを持っているのかを相手に確認することをおすすめしています。

 多くの男性は「素敵だな」と感じる女性を見たら、「彼氏はいるのか?」が気になるかと思います。しかし、実は「彼氏がいるのか?」よりも「結婚願望があるか?」のほうがはるかに必要な情報です。

 これから婚活をする方や現在婚活中の方、ぜひとも相手の目的カードを意識してみましょう。あなたの婚活が幸せな結婚につながることを願っています。

― 連載・結婚につながる恋のはじめ方 ―

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は婚活をしている男女に対して、恋愛コンサルタントとして「好きな人から愛される方法」を伝授する。ブログ「あなたの幸せはなんですか?-結婚につながる恋のコンサルタント-」、メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング