ユニクロスーツは着心地バツグン。ユニクロ&GUの格安トレンドアイテム

日刊SPA! / 2019年7月24日 8時54分

写真

感動ジャケット(ウルトラライト・ウールライク・丈標準)セットアップ可能 5990円(+税)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第238回目をよろしくお願いします。

 夏のセールも落ち着いてきて秋冬の新作がお店に並ぶようになってきました。そこで今回は2019-2020年の秋冬メンズトレンドアイテムや着こなしを3つ紹介します。

◆▼日常でスーツを使うトレンド到来、 乗るなら今しかない

 ここ数年の流れではありますが、日常使いのスーツがめちゃくちゃ流行っています。ユニクロやGUでも多くリリースされており、この流れはまだまだ続きそう。

 この流行の主たる原因は「クールビズ」。ノーネクタイの流れが強くなり、徐々にビジネス着と日常着の境目が希薄になってきています。それに合わせて各ブランド「日常着ていてもストレスにならない楽チン素材のスーツ」などをリリースしており、「それなら日常着もビジネス着もスーツが合理的なんじゃね?」とずいぶん浸透が進んでいます。

 何しろどう考えても男性はGジャンよりもレザーよりもミリタリーよりもスーツが一番かっこよく、美しく見えるもの。日常着でも簡単にかっこよく見えるスーツを着るのは見た目的にも理にかなっています。海外のコレクションブランドなどでも普段着のセットアップが多く展開されており、この流行は続く見通し。このビッグウェーブ乗るなら今です。

・感動ジャケット(ウルトラライト・ウールライク・丈標準)セットアップ可能 5990円(+税)

・感動パンツ(ウルトラライト・ウールライク)セットアップ可能 3990円(+税)

 例えば、こちらはユニクロのセットアップスーツ。中をポロシャツやTシャツに変えれば、十分普段着として通用するでしょう? 足元をスニーカーにすれば、さらにカジュアルになります。今年はこんな「ビジネスと日常着の間」にあるようなフォーマルルックがトレンド。

「でも、スーツって着心地悪いでしょう?」と思う人もいるでしょうが、とんでもない。最近はジャージ素材やスウェット素材のスーツなども多く出ており、着心地はTシャツレベルまで快適になってきています。このユニクロのセットアップもイージーケアで着心地もさらりとしており、快適そのもの。食わず嫌いせずぜひ試してみてください。

◆▼切り替えデザインが人気! 装飾性を追求するならコレ

 長く続いたノームコアのトレンドが終わり、今はデザインモノが好まれる時代となっています。シンプルなTシャツやジーンズを普通に着用するスタイルこそがおしゃれだとする「ノームコア」、この反動で今は切り替えやプリント、刺繍などちょい派手デザインが人気です。

・GU オックスフォードシャツ(長袖)(クレイジー1) 1490円(+税)

 例えば、GUでもこんなクレイジーパターンのシャツが登場しています。さまざまな生地を切り貼りした特徴的なシャツ。こうした切り替えデザインは今年の春夏から秋冬には特に多く見られます。

 もちろんデタラメに派手にしてもおしゃれにはなれません。こうした派手めなデザイン服にはボトムスはシンプルなスラックスなどを合わせるのがセオリー。そういう意味で、こうした主張の強い服は、ほかがシンプルなユニクロでもきれいにバランスよくまとまるので、コーディネートが簡単です。

 グッチやプラダなど海外ブランドでもこうした切り替えデザインは今季、多く見られます。秋冬にかけてはさらに増えていきますので、今のうちに一点くらい抑えておいてもいいでしょう。

◆▼サコッシュなどの小物は今後、ガンガン増えていく

「装飾のある服なんて俺には無理」
 
 そんなふうにトレンドに対して抵抗感がある人に人気なのがこちら。ミニバッグのトレンドです。

 いつも通りのシンプルスタイルに1点プラスするだけで、グッと今年っぽい印象になるのがミニバッグの便利なところ。シンプルな印象、派手な印象は実は色や柄だけで決まるものではありません。コーディネートのアイテム数が増えれば増えるほど、地味な印象は消えてくれる関係があるのです。

 だからこそメガネでもアクセサリーでもバッグでも1点増えるごとに少しずつ印象は変化していきます。特に今回、紹介しているような胸の目立つ位置にあるミニバッグだとアイテムの印象も強く、地味でシンプルな着こなしも一気に変化します。

・GU ウエストポーチ 1490円(+税)

 GUのウエストポーチはそんなトレンドの流れに則した提案。柄や色が豊富でシンプルな着こなしを一気に変えてくれる力があります。装飾っぽい着こなしが増えているのはわかるけどやっぱりシンプルなスタイルが好き、そんな人はまずこうしたミニバッグからはじめてみてはいかがでしょうか。

 以上、今から買える今年の秋冬トレンドファッションアイテムでした。ぜひご参考に。

【MB】
ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング