「Go Toトラベル」の裏技を人気の旅行系YouTuberが伝授

日刊SPA! / 2020年7月31日 6時50分

写真

旅行系YouTuberのスーツ氏

 コロナ禍の経済支援策として1兆7000億円もの予算を投じた「Go To キャンペーン」。その目玉は旅行代金が半額になる「Go Toトラベル」だ。しかし、直前に実施を前倒ししたり、東京を除外したり……と政治に振り回され、旅行業界は混迷を極めている。

◆人気の旅行系YouTuberが裏技を伝授する!

 都民は使えない「Go Toトラベル」だが、お得なキャンペーンに変わりはない。

「まず旅行会社が提供している交通費、宿泊費、食事代などが込みのパッケージツアーは、基本的に損することはない」と語るのは、旅行系YouTuberのスーツ氏だ。ほかの裏技(?)もSPA!に教えてくれた。

「たとえば泊まりたいホテルのツアーがない場合。ホテルの予約をしてから日帰りバスツアーで現地まで行って、帰りのバスに乗る権利を放棄すれば、そのままホテルに泊まることもできる。これだとホテルまで観光しながら、行きの交通費と宿泊費が割引対象になります」

 ほかにも意外な方法がある。

「適当に安いホテルを選んで1泊で7日のフリープランを旅行会社に組んでもらえば帰省の交通費は事実上半額に。極端な話、ホテルに泊まらなくてもいい。その場合は事前に旅行会社やホテルに説明する必要はありますが、ホテル宿泊の権利も放棄できる。また旅行ではないですが、毎日電車通勤している人は、職場の近くのホテルに長期滞在する手も。現時点でキャンペーンには連泊制限がないので、一泊4000円のホテルが半額で泊まれるなら家賃より安くなるかもしれません」

 またコロナ感染が再拡大する中、スーツ氏は地元の魅力再発見の旅を提案する。

「近所を散歩し、郷土料理に舌鼓みを打って、バスで30分の温泉に入るのもキャンペーンの対象。わざわざ遠くの観光地に行かなくても、旅はできます」

 ウィズコロナは旅の形も変える。

◆<東京除外「Go Toトラベル」の割引対象は? 抜け穴はある?>

・東京駅経由で千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートを旅行
⇒○ 東京は経由地で目的地ではない

・横浜のホテルに泊まり、個人で東京スカイツリーを観光
⇒○ 宿泊が東京以外

・東京に住む家族が札幌で日帰りバスツアーに参加
⇒× 東京在住だから

・新潟県の高齢者が同窓会で沖縄に団体旅行
⇒△ 高齢者や若者の団体旅行は対象にならない可能性あり

【スーツ氏】
50万人が視聴する旅行系YouTuber。爪に火をともす貧乏旅行からファーストクラスの旅まで。現在はコロナのため、都内で自転車を利用した動画を多く投稿

取材・文/福田晃広
※週刊SPA!7月28日発売号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング