高貴なる実験「禁酒法」の失敗。自由に酒が飲めないと人はどうなるのか?

日刊SPA! / 2020年9月11日 15時54分

写真

映画『アンタッチャブル』

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

 1987年に公開された映画『アンタッチャブル』では、ケビン・コスナー扮するアメリカの捜査官とロバート・デニーロ扮するギャングのアル・カポネの激しい戦いが描かれています。この映画の舞台になったのが、今から100年前、禁酒法時代のシカゴです。名称からして酒飲みは恐怖を覚えてしまいますが、今回は、この禁酒法について紹介します。

◆そもそも禁酒法とは何だったのか?

 アメリカの禁酒法は、1920年から1933年まで実施された、お酒の製造や販売、流通を禁止する法律です。その前から一部の人たちによる禁酒運動はあったのですが、第一次世界大戦を経てその運動が過激化し、1919年1月に憲法修正18条が追加されました。その後、細かい内容を定めた法律も追加され、1920年1月から施行されたのです。

 何よりも自由を求めるアメリカ国民がおとなしく言うことを聞くわけがありません。法律は自宅での所有・飲酒そのものは禁止していませんでした。施行までに1年の猶予があったので、資産と保管場所を持っている人たちは大量に買い占めました。

 禁酒法が施行されても、人々はお酒を求めました。まずはドラッグストアです。医師が処方箋を書けば、医薬品としてお酒を購入できたのです。当然、人々は殺到し、ドラッグストアは売り上げを伸ばしました。

 当然ですが、買いだめと薬局だけでは低所得者層を含む全員分をまかなうことはできません。密造と密輸が活発になりました。

 需要がとても高いので、質の悪い密造酒がたくさん造られました。下手をすれば、工業用アルコールを薄めたジンまで出回り、健康被害も引き起こしたのです。

◆禁酒法でお酒はギャングの資金源に

 禁酒法はウイスキーの歴史も変えました。高品質なバーボンウイスキーを作っていた蒸留所のほとんどは潰れてしまったのです。その代わりに盛り上がったのが、カナディアンウイスキーです。

 実はカナダではその前から禁酒法が施行されたいたのですが、なんと製造は可能でした。そのため、カナダで製造し、アメリカに密輸したのです。密輸された酒瓶に記載されている製造日は1920年以前の日付に偽造されました。禁酒法の施行以前に持っていた物なら合法だからです。

 人々が集ってお酒を飲むサロンはもちろん禁止されました。しかし、禁酒法が施行されたことで、その数倍の数となる無許可のバー「スピークイージー」が乱立したのです。カナディアンウイスキーだけでなく、密輸されたラムやテキーラも人気を集めました。

 そんな時代に隆盛を極めたのがギャングです。酒の密造・密売は大きな利益を生み、アル・カポネはライバルのギャングを潰すのと同時に、警察や議員を買収して勢力を拡大しました。

 フーバー大統領の命により、酒類取締局の捜査官であるエリオット・ネスをリーダーとする特別捜査班「アンタッチャブル」がアル・カポネを脱税で告発したのです。

 禁酒法は高貴な実験と呼ばれましたが、失敗に終わりました。お酒から得られていた酒税を失ったうえ、国民の健康被害も起こしました。スラム街が過去の遺物になると謳っていたのに、実際は犯罪を助長し、アル・カポネのようなギャングの暗躍を拡大させてしまったのです。1932年、フーバー大統領に代わり、ルーズベルト大統領が就任し、翌1933年、禁酒法が廃止されました。

 このような禁酒令は、世界中の歴史で見られます。日本でも大化2年を最初として、何度か禁酒令が出されています。なんと、2012年には福岡市が全職員に自宅外の飲酒を禁じた禁酒令を出してニュースになりました。

 飲酒した市職員の不祥事が続いたことによる措置で、ある男性職員が人権侵害だと裁判に訴えたものの請求を棄却されてしまいました。酒飲みとしては、禁酒令が降りかかってこないことを祈るばかりですね。

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング