プロ奢ラレヤー×精神科医Sidow「気に食わない人を叩いても、幸福感は得られない」

日刊SPA! / 2020年10月29日 15時50分

写真

プロ奢ラレヤー(左)とメンタルドクターSidow。ストレスマネジメントの達人2人がメンタルケアについて語った

 年始から世界を襲った新型コロナウィルスは、人々の心をも蝕んだ。コロナ禍による休業・倒産や外出自粛が相次ぎ、自殺者も急増。メンタルケアの重要性がひときわ求められる中、ストレスとは無縁で生きる「プロ奢ラレヤー」と、精神科医でユーチューバーのSidow氏が日常とSNSストレスの対処法について意見を交わした。

◆ニュースサイトのコメント欄は「デスノート」? プロ奢ラレヤーとメンタルドクターSidowが語る、ネットに蔓延するストレスの正体

プロ奢ラレヤー(以下、プロ奢) Sidowさんはユーチューバーもやってますよね。いまフォロワー何万人ぐらい?

sidow YouTubeはもうすぐ登録者5.5万人ですね。

プロ奢 おー、すごい。いつ頃から始めたんですか?

sidow 2年半ぐらい前ですね。投稿は週2、多くて週3ぐらいが限界ですが。

プロ奢 でもそれだけ回れば十分じゃないですか。人が増えるほどアンチも増えるし。僕なんかインタビューで「満員電車嫌いです」って言っただけで某ニュース配信サイトのコメント欄でめちゃくちゃ叩かれましたからね(笑)

sidow え、それだけで?

プロ奢 僕の書籍『嫌なこと、全部やめても生きられる』(扶桑社)のまえがきを、そのまま文春オンラインで掲載したんですよ。そのなかに「毎日、満員電車で通勤なんてムリ」ってくだりがあったんですけど、「こんな奴に満員電車に乗る生き方を否定されたくない!」ってすごい怒られた。なんであのニュースサイトのコメント欄ってあんなストレスフルなんだろう?

sidow 論客ぶりたい人たちの集まりですからね。価値観を変えられないし、多様性を認めにくい人たち。

プロ奢 相当、日々にストレスかかってるんだろうな~。ただ嫌いって言っただけで誰かの生き方を否定してるわけじゃないのに。

◆僕に悪口をぶつけて、ストレス解消になればそれでいいけど

sidow 内容にもよるけど、アンチや炎上の大半は「嫉妬」が占めているなという気がします。精神医学的に自己不全感というんですが、なりたい自分になれない、やりたいことを達成できない自分にモヤモヤした状態。自己不全感が強いと、どこかにストレスのはけ口を求めてしまう。それがニュースのコメント欄だったり匿名掲示板だったり……。

プロ奢 へえ~~。自己不全感とやらは、コメント欄に悪口書くと治まるんですか?

sidow 治まらないですね。

プロ奢 意味ないじゃん!(笑)

sidow ネットで悪口を書く心理って結局自分を持ち上げることができないから、相手を下げるしかないってことだと思うんですよ。嫉妬は自分と近い存在、もしくは自分が本来であれば勝ってるような存在に対して抱くもの。プロ奢さんに嫉妬する人は「こんな若造が」「働いたこともないくせに」と思うから、つい何を言っても批判的に見てしまう。

プロ奢 自分をプラスに変えるのは難しいから、相手を叩くことで距離を縮めようとするのか。でも自己不全感が消えないならヤフコメに書くってマジで無意味じゃないですか。精神衛生上、どんな効果があるんすか?

sidow 一時的な発散にはなりますよ。本来であれば自分が成長するしかないけど、それができない腹いせがアンチコメントや批判となって昇華されていくわけです。それでも現実が変わるわけじゃないから、ストレスが完全になくなることはないけど。ストレスホルモンが出続けることは体にも良い影響を与えません。糖尿病や心筋梗塞になりやすいというデータもあります。

プロ奢 へー、デスノートみたい。書けば書くほど死に近づいてくんだ。

sidow 人よりも自分自身の暮らしにもっと注目すれば、ストレスもいくらかマシになると思いますけどね。

プロ奢 まあ僕に悪口をぶつけて、その人がストレスとのバランスをとって生活できるんだったら、それでもいいか。一種の社会貢献っすね。アンチって集まると仲良しだし楽しそうですよねー。だから『そういう場』を作ることが大事なんだなって。まあ、そもそもその絆、誰がくれたの? 叩いてる対象だよね?って思うけど。

sidow みんなでひとつの共通敵を倒そう、っていうのは集団が一致団結するときの基本ですから。

◆フォロワーの多さは幸福感に直結しない

プロ奢 自分と同じ意見がいたら安心するんだろうし、孤独は良くないっていうもんなあ。精神科的に孤独に効くのはどういう方法なんですか?

sidow ひとつ言えるのは「孤独の解消=たくさんの人と一緒にいること」ではないということです。有名な話で、年収は700万円以上で幸福度が頭打ちするっていう報告があるんですが、たぶん人間も同じようなことが言えると思います。一定以上の人数と関わると幸福度にはもう関係しない。少数でも信じられるコミュニティを持ったほうがいいという説もあります。

プロ奢 確かにフォロワー多いと羨ましがられるけど、別になにも変わらないですからね。人がいっぱいいるから幸せー!なんて、ない。幸せそうに見えるのかもしれないけど。

sidow フォロワーの数と本人の幸福度は関係ないですよね。ネット上ではフォロワー獲得が目的化してる人が多いけど、フォロワーってきっかけ、手段であって目的じゃない。実際にフォロワーいても9割アンチだったら意味ないし。だから僕はリツイート2000以上超えたくないなって思ってます(笑)。1000以上から怪しい雰囲気になってきて、2000以上からは本当に読んでんのかなみたいなコメントが一気に増えるんですよ。

プロ奢 あ~、内容がメンタル系だから、なおさら大変そう……。話変わりますけど、僕の周りもけっこうメンタル系の先生にはお世話になってて、なかには誰でも行けばすぐ「うつ病ですね」って診断してお薬くれる病院があるとかないとか……。あれって本当なんすか?

◆精神科は、患者の話をゆっくり聞いていたら儲からない!?

sidow まあ、ないとは言い切れないですね。精神科の病院って経営のこと考えると、いかに効率的にまわすかなんですよ。精神科ってお金がたくさん取れるような処置がないんです。たとえば内科だったら内視鏡したりレントゲン取ったり、経営的に単価のいいメニューがあるんですけど。

プロ奢 話聞くか薬出すか、ですもんね。

sidow 極端に言えば精神科って話を聞けば聞くほど経営的に損をするんですよ。1日に話を聞ける人数っていうのは限られてますから。

プロ奢 単価の高い料理がないから、コーヒーをガンガンだして回転率をあげないといけないのか。

sidow 経営的な面を考えるとそうなってもおかしくない。だから患者の話もろくに聞かずに診断だけして薬を出して……という悪徳精神科医と呼ばれる人々がいるのも構造的には理解ができる。悪徳医者にとって患者の話を聞く必要はありませんから。もちろんそんな医者と一緒にしてほしくはないですけど。

プロ奢 そういう医者に当たっちゃうと、ますますヘイトが溜まりそう。

sidow 同じ精神科医という立場としてはムカつきますよ、僕も。

プロ奢 ヤフコメで悪口書いて不毛なストレス発散するか、ちゃんと話を聞いてくれるいい精神科医を見つけるか。ストレスの対処法って難しいな。

sidow だからプロ奢さんの本に書いてある「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないことは正しくない」っていうのは、まさにその通りだなと思いました。みんなダメになりそうなときに、とにかく無理にでも立ち向かおうとするからストレスフルなんですよね。

プロ奢 僕の本は「嫌なことはとっとと投げ出せ」って本なんで(笑)。それでも人生って意外とやっていけるのに、みんな真面目ですよね。

sidow プロ奢さんのような人が増えたら、日本人のストレスもだいぶなくなりそうですね。

<取材・文/片岡あけの 安(本誌編集部)>

【メンタルドクターSidow】
精神科専門医×YouTuber。医学博士。現在は都内の精神科病院に常勤医として勤務。精神科医として働くなかで、世間の精神疾患に対する偏見や誤解の解消、精神科への早期受診の必要性を実感し、SNSで精神科の情報発信を始める。馴染みやすさと分かりやすさを重視した精神科に関する発信が精神疾患を持つ方に限らず話題となり、YouTubeチャンネルの登録者は5万人、ツイッターのフォロワーは4万5千人を超。
著書「メンタルドクターSidow が教える人間関係も仕事も『しんどいこと』をリセットする方法」(大和書房)。

【プロ奢ラレヤー】
本名、中島太一。23歳。「他人のカネで生きていく」をモットーにツイッターを介して出会ったさまざまな人に「奢られる」という活動をし、現在フォロワー約9.8万人。奢ってくれた人々との邂逅を綴った「奢ログ」を含む日々の考察を有料note「プロ奢ラレヤーのツイッターでは言えない話。」として配信中。著書『嫌なこと、全部やめても生きられる』(扶桑社刊)、『プロ奢ラレヤーのあきらめ戦略』(祥伝社)。

―[プロ奢ラレヤー「嫌なこと、全部やめても生きられる」]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング