男の脱毛、肌荒れの悩み。「思春期外来」の女医が出した答えは?

日刊SPA! / 2021年2月8日 8時50分

写真

 30代、40代になっても意外に聞きづらいのが性の悩み。大人でもそうなのだから、10代になったらもっと聞きにくいかもしれない。

 そんな悩みを上野皮フ科・婦人科クリニックで8年前から婦人科で行っている「思春期外来」の女医が、Q&A形式で答えた書籍が『10代の[性の悩み]白書』だ。

 本書には思春期特有の性の悩みを網羅したものだが、女子にモテたい男性相談者からは、大人になった今でも有用な肌トラブルについての質問もある。成人男性にも有用な知識がのっているので、一部を抜粋してご紹介したい。

◆肌が弱くて自分で脱毛できない!どうすればいい?

 毛深いと女子に嫌われてしまう……。そう思って、自分で脱毛している人は多いはず。しかし、肌が弱くて荒れてしまう人もいるのでは? そのような場合は、どうすればいいのだろうか?(以下、回答は上野皮フ科・婦人科クリニック・思春期外来です)

「あまりにも毛深いと、周りの人の目が気になってしまいますよね。脱毛は間違った方法で行うと肌が弱くなくても傷つけてしまう可能性があるので、気をつけて行いましょう。

 セルフ脱毛は、どのようにされていますか? カミソリで生えてきた毛を剃る、ブラジリアンワックスで毛根から毛を取り除く、などでしょうか? 肌の弱い人がこのようなやり方で脱毛をすると肌が荒れてしまうことが多々あります。

 その場合は皮膚科を受診し、状態に応じた薬を処方してもらってください。

 また、カミソリやブラジリアンワックスは時間とともにまた毛が生えてきますので、除毛、脱毛を繰り返さなければなりません。そのような手間や肌荒れなどのリスクを考えると、レーザーを使って脱毛するという選択肢はいかがでしょうか? 

 レーザー脱毛も肌荒れのリスクがゼロではありませんが、半永久的に脱毛された状態が続くというメリットがあります。レーザーを使った脱毛は病院で受ける医療脱毛とエステサロンで受ける光脱毛があり、一般的に病院で使用する機械のほうがパワーが強いので、効果は出やすいです。その代わり施術代は高額ですので、条件に合うほうを選びましょう。

 ただ、もしトラブルが起こった場合には、医師の診察が受けられるので、病院のほうが安心感はあるかもしれません」

◆知ってる? こんなにある脱毛方法

 脱毛は自宅で行うものから、病院やお店で行うものまでさまざまなものがある。しかし、肌との相性だけでなく部位によっても向いている向いていないも。ここでは、代表的なものの方法とメリット・デメリットをご紹介する。

【医療脱毛】
方法●毛根のメラニンに反応するレーザーを当て、毛根を死滅させる施術。医療機関で受けることができる。
メリット●光脱毛に比べると強力なので、少ない回数で効果を得やすい。何かトラブルが発生したときにすぐ医者に診てもらえる。
デメリット●部位によっては痛みを感じる。施術代金が高額。

【光脱毛(フラッシュ脱毛)】
方法●特殊な光を照射して毛根を少しずつ弱らせて毛が生えにくくする。エステサロンで受けられるほか、家庭用の光脱毛器も販売されている。
メリット●医療脱毛に比べて痛みが少なく、肌が傷つきにくい。施術代金は比較的安い。
デメリット●医療脱毛よりも通う回数が多い。家庭用の光脱毛器の効果は機器によって差が生じることも。

【ブラジリアンワックス】
方法●特殊なワックスを肌に塗布して薄い布を重ね、一気に剥がして毛を取り去る方法。粘膜に近い部位にも使えるので、VIO脱毛で使われることが多い。
メリット●古い角質も一緒に取り除くことができる。産毛まで脱毛できる。
デメリット●剥がすときに痛みを伴う。毛根にダメージを与えることはできないので、また生えてくる。

【除毛クリーム】
方法●毛のタンパク質を分解するクリームを肌に塗って一定時間放置。クリームを拭き取ると、分解されて柔らかくなった毛が一緒にオフできる。
メリット●広範囲の脱毛を一気に行える。産毛まできれいに脱毛できる。費用が安い。
デメリット●肌に合わないことがある。独特のにおいがする。今生えている毛しか脱毛できない。

【カミソリ】
方法●肌の上にカミソリを滑らせて生えている毛を切り落とす。
メリット●細かい部分の脱毛がしやすい。自宅で簡単に行える。費用が安い。
デメリット●肌を傷つけやすい。毛が濃いと剃った断面が目立つこともある。

◆男だけど肌荒れが気になる! その対策法とは?

 肌に気を使うのは日頃からメイクをする女性、という印象があるかもしれないが、性別の差はないようだ。肌がきれいだと清潔感がアップするし、相手に与える印象もよくなる。そんな肌ケアについて聞いてみた。

「一般的に、皮脂が多い肌は脂性肌、水分が不足しがちな肌は乾燥肌と区別されます。顔のすべての部分が脂性肌、もしくは乾燥肌、ということではなく、場所によって脂っぽい部分と乾燥しやすい部分がある混合肌の人もたくさんいます。おでこから鼻にかけてのTゾーンは皮脂の分泌が盛んでテカっていて、頬やあごの辺り(Uゾーン)はシェービングで乾燥しがち、という人が多い印象です。

 男性の肌は女性の肌に比べて若干厚みがあります。また、女性に比べて男性の肌のほうが、水分量が少なく皮脂の量は約3倍多いです。そして、男性ホルモンの影響で、思春期になると皮脂の分泌が盛んになってきますので、水分と皮脂のバランスを適切に保つことが非常に重要になってきます。

 肌をきれいに保つには、正しいスキンケアが大切です。刺激の強い洗顔料で洗いすぎない、洗顔後は保湿して皮脂と水分のバランスを整えることを意識してください。保湿というと逆に脂っぽくなってしまうのではないか、と心配になる人もいるかもしれませんが、水分が不足すると足りない水分を補おうと皮脂の分泌が活発になってしまい悪循環です。スキンケア用品は水分を十分補給できるものを選んでください。

 最近は男性用のスキンケア用品もたくさん売られているので、自分に合ったアイテムを使いましょう。女性と同じスキンケア用品を使っても問題はありませんが、最初にご説明した通り男性のほうが皮膚が厚く皮脂の分泌も多いので、男性用のスキンケア用品のほうがよいかもしれません」

 最後に「毛深いとか肌が荒れていることで女性から嫌われるとは限らない」という女医さんの言葉を付け加えておきたい。

 むしろ「毛深いとか肌が荒れているから嫌われると、おどおどしているほうが女性を遠ざけてしまう可能性がある。いろいろ含めて自分なのだと、気持ちを切り替えてみるのも必要」だとアドバイスしてくれた。

上野皮フ科・婦人科クリニック
皮膚科・小児皮膚科・形成外科・アレルギー科・美容皮膚科婦人科・婦人科検診を行っている。婦人科には、婦人科の受診が初めてだったり、恥ずかしかったり不安を感じたりする10代の女性を対象にした外来、思春期外来がある。そちらの担当女性医師によってまとめられた『10代の[性の悩み]白書』を刊行。ほかに更年期外来などもある。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング