1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ダイソーの激安「暑さ対策」グッズを厳選。昼も夜もひんやり気持ちいい

日刊SPA! / 2021年7月12日 15時53分

写真

ダイソーの暑さ対策グッズ

 これから夏本番を迎えようとしている。そこで大切になってくるのが暑さ対策だ。衣食住にまつわる商品がなんでも揃う100円ショップの「ダイソー」にはそれに役立つ商品も多く揃っているので、いくつか紹介する。

◆暑さ対策は首まわりから

 暑いときには首回りを冷やしてやるととても気持ちが良く、汗も引いていく。そこでおすすめなのが「クールタオル(税込110円)」。

 これを水で濡らして絞り、ブンブンと振るだけで冷たくなる。なぜそれだけで冷たくなるのかというと、その秘密は気化熱にある。これは物質が液体から気体になる(気化)ときに周囲から奪っていく熱のこと。濡らしたタオルを振ると水が気化しやすくなり、その気化熱で冷たくなるのだ。通常のタオルでも水で濡らして振ればそれなりに冷たくなるのだが、このクールタオルにはより気化熱が生じやすいポリエステルが使われている。

 これを首にかけておけば暑さ対策になるだけでなく、汗も拭けて一石二鳥だ。ぬるくなってきても振るだけで何度でも冷たさが戻るのが嬉しい。

◆しっかり固定できるネッククーラー

 首まわりを冷やせる商品は他にも「ネッククーラー(税込110円)」がある。ジェル状の保冷剤とそれを入れるポケットの付いたタオルがセットになっている。保冷剤を冷蔵庫で4時間以上冷やしてからタオルのポケットに入れ、首に巻いて使う。タオルにはマジックテーブが付いているので首にしっかりと固定できて外れる心配がない。

 保冷剤が布に包まれているので冷たさはほんのりと感じる程度だ。が、長時間付けるのならこれくらいがちょうどいい。首の付け根からクール感がじわじわと体全体に広がっていくのを感じることができる。ひとつ残念なのは、一度ぬるくなったらまた冷蔵庫で冷やさないと冷たさが戻らないということである。

◆衣類用の冷感スプレー

 「冷感ミスト160ml(税込110円)」は衣類にスプレーすることでひんやり感を得られる。汗をかくとその部分がさらにひんやりとするので、脇の下や胸など汗をかきやすい部分にスプレーするとより効果的だ。ほんのりと爽やかな香りがするのもいい。ただし、この商品はあくまでも衣類用なので直接肌にはスプレーしないように。

 衣類用の冷感ミストはダイソーなどの100円ショップ以外でも売られている。が、メントールやエタノールなど主成分がほとんど同じで値段は倍以上するものが多いので、100円ショップで購入したほうがかなりお得である。

◆熱帯夜にはクールピローを

 寝苦しい熱帯夜には「クールピロー(税込220円)」がおすすめだ。これもネッククーラーの保冷剤と同じようにまずは冷蔵庫で4時間以上冷やす。そして冷蔵庫から取り出すと柔らかさはそのままでひんやりと冷たくなっている。これを頭の下に敷いて寝ると実に気持ちいい。氷枕のように冷た過ぎることがなく、その柔らかな感触がが頬にぴたりと密着する。冷たさは徐々に弱くなっていくが、それでもジェル特有のひやりとした感じはずっと続くので朝まで快眠することができた。

 このクールピローは風邪を引いたときの熱冷ましや風呂上がりで火照った体を冷ましたりするのにもよさそうだ。いろいろな用途に使えそうなので、常に冷蔵庫に冷やしておきたくなるアイテムである。<取材・文/小林ていじ>
 
【小林ていじ】
バイオレンスものや歴史ものの小説を書いてます。詳しくはTwitterのアカウント@kobayashiteijiで。趣味でYouTuberもやってます。YouTubeで「ていじの世界散歩」を検索。

―[借り暮らし40代日雇い男の「100円ショップ」生活]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング