1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

年収250万円の48歳バツイチおじさんが婚活アプリに挑戦、結果は

日刊SPA! / 2021年9月7日 15時54分

写真

「仕事がハードなので、婚活は休日に集中的にやる感じ。50歳までに再婚できなかったら、結婚相談所に入るつもり」と久川さん

 コロナ禍が長引き、一体いつまで外出自粛すればいいものか。友人や知人と気軽に飲みにも行けない。中年の独身者のなかには、孤独に苛まれている人も少なくない。その結果、“結婚”を意識し始めた人が増えている。

 とはいえ、平成30年版厚生労働白書によれば、「50歳時の未婚割合の推移」は年々上昇。中年婚活の現実が過酷であることは想像にかたくない。ましてや「低年収」となれば、なかなうまくいかないものだ。

◆悲惨な孤独老人になりたくない

「カネがない中年の婚活なんて、最悪ですよ」

 そう、ぼやいたのは久川剛志さん(仮名・48歳)。年収は250万円、現在、都内にある低所得者向けの老人介護施設でヘルパーとして働くバツイチ男性だ。40代半ばすぎから婚活を始めたのは「孤独が恐ろしいから」と語る。

「生活保護の老人が半数を占める施設で働いていますが、大半が独り者。家族がいたとしても面会になんかまず来ない。そんな見捨てられた人々に囲まれて仕事をしているうちに、伴侶を見つけないと、いつか自分も……という恐怖に駆られるようになったんです」

◆以前は「一生独身でいいと思っていた」

 久川さんはかつて、有名アパレルメーカーでバイヤーとして活躍していたが、43歳のときに大腸がんが発覚し退職。幸い体調は戻り、今から3年前にヘルパーに転身した。アパレル時代は離婚後も女性に困ることがなかったとか。

「夜ごとモデルの女性と遊び呆けてました。あの頃は一生独身でいいと思っていたんですが、病気になって急に不安になりました。今、自分のことを本気で心配してくれる人がいるだろうかって。それで婚活を始めたんですが、介護の仕事はハードなのに給料は激安。貯金なんてありません。

 だから、若いコと再婚したいなんて馬鹿なことは考えず、自分と同じ再婚希望の中年女性を探しているんですが、なかなかうまくいきませんね」

◆婚活アプリを使っても貧乏中年に需要ナシ

 現在は、婚活アプリ「marrish」を中心に活動している。

「月額3400円と安いのが決め手でした。これまで7~8人の女性とやりとりし、3人の女性とリアルで会いましたが、全部ダメ。低年収の中年介護職なんて、イイトコなし。でも、ありのままの自分を受け入れてくれる女性と出会いたいので、極力正直に現在の自分の状況を伝えています。まあ、気長にやっていきますよ」

 年齢、年収、職業、条件面が重視される婚活において、中年はそもそもがマイナススタート。低年収中年の道はなかなかに険しい。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[中年婚活のリアル]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング