1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

コンビニ店員を“バイ菌”扱い…カスハラ客の非常識に怒り心頭

日刊SPA! / 2021年10月23日 8時54分

写真

※写真はイメージです

 カスハラ(カスタマーハラスメント)という言葉が注目を集めているが、サービス業をしている人ならば、だれでも一度は失礼な客に憤慨した経験があるだろう。コンビニで長く働いてきた筆者。辞めていた時期もあるが、現在はライター業の傍ら、知り合いの店長に「人手不足」を理由に頼まれ、空いた時間だけ手伝う生活をしている。

 今回は、コンビニで「それは失礼じゃないか」と感じた客をピックアップして紹介したい。

◆店員から評判の悪いイヤホンをつけたままの客

 たまにいるのが、コードレスのイヤホンをつけながら店内で電話をしている客。正直、気になって仕方がないし、止めて欲しいと思っている。まるで独り言をブツブツと言っているようで、店内に入ってきた他の客も一瞬ギョッとする。

 その内容も急な仕事の話ならば仕方がないと思う部分もあるが、たいていはくだらない話をしている。そして、通話状態のままレジにやってくるのでコミュニケーションが取れない。そもそも人に対して失礼なのではないか。スタッフからの評判はもちろん悪い。

◆商品を買わずに両替だけしたい人は“客”じゃない

 現在、筆者が働く店では両替をお断りしている。それはレジの横にも書いてある。銀行などでも手数料が取られるはずだ。

 それでも時おり、客に頼まれることがある。正直、何かしら20円ぐらいの安い商品でも買えばいいだけで、それは構わないと思っているのだが……。

 ある日、今まで見たことのない20代らしきサラリーマン風の男性が1万円札を手にしながらレジにやってきた。

「すいません、あそこのコインパーキングに使いたいのですが。小銭が必要なので、両替してもらえないでしょうか?」

 そんなことを言われてもこちらが困ってしまう。筆者がこう返す。

「申し訳ありませんが、コインパーキングは店とは無関係なので、両替は受け付けていません」
「あ〜あ、してもらえないのですか。どうしよう、小銭がない」

 男性はそのまま出て行ってしまった。なぜ、客でもない人に銀行では有料の両替をタダでしなければならないのか。理解に苦しむ。

◆店員をバイ菌扱い

 先日、久しぶりにひどい客に出くわした。40歳過ぎで冴えない風貌の男性がタバコの「ピース」を注文した。10月1日からタバコが値上げして、その銘柄も600円になった。

 客が1000円札をトレイに置き、筆者が400円のお釣りを“手渡し”しようとすると、相手は受け取ろうとしない。筆者の頭の中は「?」である。

 もしかしたら、札は1000円ではなく5000円か10000円だったのか……確認してみるが、確かに1000円札だった。

 客は、トレイを指差している。札の下に100円玉が隠れているのか。それならば500円玉のお釣りになる。しかし100円玉はなかった。筆者が困惑していると、客が急に怒声をあげた。

◆「釣りを置けよ!」と怒鳴る客

「釣りを置けよ!」

 店内に響く。お釣りをトレイに置くと、男性は憤慨したまま出て行ってしまった。

 まるで、店員をバイ菌扱い。コロナ禍で接触を避けるべきではあるのだが、そんな言われ方をされないといけないのか。普通に言えばわかるのに。

 店長に報告すると「たまに勘違いして偉そうな客がいるんだよ」と呆れている。

 男性よりも女性のスタッフのほうが怒鳴られる機会が多いようで「週に何人かはそんな客いますよ。ほんと、失礼ですよね」と言う。

◆そもそも店員の手よりもお金のほうが汚い

 店員とのコミュニケーションを拒否し、露骨にバイ菌扱いする客がチラホラといる。ほとんどの客が常識的だが、たまにいる非常識で失礼な客のせいでストレスがたまる。

 ここに、筆者なりの意見をまとめておく。

1.人の手に触れたくないならば、現金で会計せずに、キャッシュレス決済にすればいい。
 
2.トレイでの受け渡しを希望するならば、普通に「ここにお釣りを置いて下さい」と言えばいい。

3.そもそも店員の手よりもお金のほうが汚い。

 店員は頻繁に手を消毒して洗っているが、小銭とお札はかなり汚れている。前述の男性は小銭を受け取ったあと、目立つ場所に置いてある消毒液を使わずに出て行ったのはなんだったのか……。

<取材・文/浜カツトシ>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング