1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

FENDI「縦型バッグ」40万円を超える価格帯でも“十分に元が取れる”

日刊SPA! / 2021年10月31日 8時54分

写真

ピーカブー エックスライト フィット(FENDI)46万4000円

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆104/108 ピーカブー エックスライト フィット(FENDI)46万4000円

 ここ数年レディス市場で爆発的に支持されているのがFENDIのピーカブー。デビューから10年以上経過し、今やハイブランドバッグの代表格となりました。

「ピーカブー(いないいないばぁの意)」の名の通り、バッグのライナーデザインが見えるのが特徴です。

 フロントポケットを閉じるとフォーマルな場でも使えるドレスライクなデザインですが、開けると中身が見えてカジュアルな印象に。

 オンとオフどちらも使えるデザインと、ローマの革職人の粋を集めた素材と縫製技術による究極のクオリティが魅力。

◆おすすめは「横型」よりも「縦型」

 グッチやプラダなど、ほかのハイブランドと比べても価格帯が上ですが、多くの女性が求め、ここ数年は品薄状態だったこともありました。

 そんな名作ピーカブーが最近、メンズでも人気を博しています。私が愛用しているのは縦型のピーカブーエックスライトフィット。

 メンズでは横型と縦型の大きく2種類が存在しますが、おすすめは縦型です。

◆ひとつのバッグでさまざまな見せ方を楽しめる

 横型だとブリーフケースの印象が強く、オンスタイル風になりすぎるからです。

 一方、縦型だとトートバッグ風な見え方なのでオフはもちろん、光沢のある美しいレザーとシンプルなデザインでオンでも活用可能。

 フロントポケットを開けるか閉めるか、ストラップを使うか手持ちで使うか、サイドのベルトを開けるか閉じるかなど、さまざまな見せ方を楽しめます。コーディネートによって調整して長く愛用しています。

◆リセールバリューの高さも折り紙つき

 レザーのゴージャスな印象がありながらも、弛んだポケットはどこかルーズな印象。キッチリ整えたスーツスタイルで「ネクタイを外す瞬間」に色気が出るように、美しく整えられたレザーバッグなのにヌケ感のあるデザインが程よい色気を見せてくれる。

「10年使えるいいバッグを探している」という男性は多いでしょうが、ピーカブーはパソコンもギリギリ入るし、堅牢で長く使えて修理にもきちんと対応してもらえます。そのうえリセールバリューが極めて高いため、10年使ったのちにヴィンテージとして転売市場に出しても十分元が取れちゃいます。

 値段は張りますが、その価値は十二分にありますよ。

商品、衣装/すべて私物 撮影/林 紘輝(商品) 岡戸雅樹(人物)

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください