1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

“銀歯”も買い取るブックオフに聞いた「意外な買い取り商品」5選

日刊SPA! / 2023年11月29日 8時51分

写真

アメリカのニューヨークに構える「BOOKOFF New York」

 フリマアプリの台頭によって、年々拡大を見せる2次流通市場(リユース市場)。日常生活で不要になったアイテムをリアル店舗・ネット問わずに、さまざまな取引が日々行われている。こうしたなか、リユース市場大手の「ブックオフ」は、業界のリーディングカンパニーとして知られている。
 創業当初は本を中心に買い取りしていたものの、いまやCDやDVD、ゲームはもちろん、トレカ・ホビー、アパレル、家電、楽器、家具、ブランド品、貴金属までありとあらゆるものを取り扱っている。

 店舗によって買い取り対象商品は異なるものの、一部の店舗では“金歯”や“銀歯”といった変わり種も買い取っているという。ブックオフグループホールディングス株式会社 代表取締役社長の堀内 康隆氏に、意外な買い取り商品の実態や、インバウンド需要の動向について話を聞いた。

◆創業時から根付く「買い取り」スタンス

 ブックオフは1990年に神奈川県の相模原市に1号店をオープン。以来、30年以上にわたってリユース業界を牽引してきた。買い取りジャンルや店舗拡大などの要因があるなか、日本最大級のリユースチェーンに成長できたのは、「いい意味で、お客様を選ばなかったのが大きい」と堀内氏は述べる。

「例えば、本というコンテンツの中に、漫画や雑誌もあれば、画集やアイドル写真集もあるわけですが、ブックオフは創業時から『買取できるものは全て引き取る』ことを大切にしています。何か特定のジャンルに絞らず、本を持っている人なら、どなたでもお越しいただけるという店舗づくりを行ってきました。まずは買い取りをしないことには、商売にならないため、こうしたスタンスを貫いてきました」

◆値段がつかない場合でも…

 買い取りする際の「値段かつくかどうか」というお客様の不安要素も、可能な限り値段をつける査定を心がけていたそうだ。

「仮に値段がつかない場合、『買い取りできなかったので、お持ち帰りください』と伝えてしまうと、お客様の負担になりますし、サービス体験としてもよくない。ブックオフでは、買い取りができないものに関しては、引き取り処分やリサイクルに回すようにしています」

◆リユース市場の裾野が大きく広がった

 2000年からは大型総合リユースショップ「ブックオフ中古劇場」(現 BOOKOFF SUPER BAZAAR)の出店を開始。本だけではなくCDやDVD、ゲームソフト、子供服や婦人服、スポーツ用品など、時代を追うごとにジャンルを増やしてきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください