1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

オフィスで「座りながらできるストレッチ」3選。2000人の筋肉に触れた“美人トレーナー”が伝授

日刊SPA! / 2023年12月7日 15時53分

写真

ももの側面とお尻を伸ばすストレッチ

◆カチコチ下半身をほぐそう!
 都内でストレッチトレーナーをしているASAMIです。今まで2000人近くの体に触れ、カチコチになった筋肉をたくさん触ってきました。みなさんに共通しているのが、お仕事中、同じ姿勢のまま過ごしていることです。

 この記事を読んでいる方の中にも、パソコンの前に座って仕事をしている方がいるのではないでしょうか? 「気がついたら4時間経っていた」「今日全然歩いてないな」と、肩の周りだけでも動かそうと、肩をぐるぐる回したりするのはとても良いのですが、下半身のコリを忘れていませんか?

 ずっと座りっぱなしだと血液の循環も悪くなり、筋肉もコリやすくなります。肩こりのほうが気づきやすいのですが、実は下半身のほうがカチコチなんてケースも多いです。そこで今回は「オフィスで座りながらできるストレッチ」を一緒にやりましょう!

◆ももの側面とお尻を伸ばすストレッチ

 片ヒザの上に乗せている足を手で下に押します。もし、押す前にすでに筋が伸びていて、「軽めの痛み」という感覚がある方は、無理に押さないでください。そのままの状態でも問題ないです。そして、そこから背中を丸めずに、腰からまっすぐ前に倒れます。

 伸びを感じて「軽めの痛み」を感じるところまで倒れたら40~60秒静止します。片足が終わったら、今度は反対の足も同じように伸ばしてください。

◆脚裏全体を伸ばすストレッチ

 まずは椅子に浅く座ります。片足を伸ばしてかかとを床につけます。爪先をなるべく体に向くように足を立てます。そこから、背中を丸めずに、腰から前に倒れます。脚裏の伸びを感じたら「軽めの痛み」を感じたところで40~60秒静止します。反対の足もやりましょう。

◆腰の筋肉を伸ばすストレッチ

 椅子に座って上半身だけ後ろを向きます。椅子の背もたれを持って、下半身を上半身とは反対側にひねります。腰の筋肉が伸びているのを感じたら40~60秒間、静止します。反対の向きにも同じように捻りましょう。

 この3つを1日1回するだけで、足の重さダルさが変わりますよ。贅沢を言えば、座り仕事の人は1時間に1回してほしいでますが、無理をしないのが一番なので、思い出したときにしてくださいね。これからも一緒にストレッチをしていきましょう。

<TEXT/ASAMI>

【ASAMI】
グラビア、タレントとして活動する傍ら、ストレッチトレーナーとしても活動中、「ストレッチで健康に」と企業、老人ホームなのでストレッチを一緒に行っています!趣味はプロ野球観戦、麻雀、公営競技、キャンプ、銭湯めぐり、ほどよい健康法

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください