1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

美容師が明かす、実は「お金持ち」に共通している“髪型”の特徴

日刊SPA! / 2024年1月29日 15時53分

写真

耳周りと襟足はスッキリ

 こんにちは、美容師の川口達也です。年間10万人以上来店するメンズヘア専門の美容室「MEN’SHAIR PERCUT(メンズヘア パーカット)」を東京、千葉、名古屋、大阪で運営しています。
 ビジネスで結果を出すために重要な要素はたくさんありますが、その中のひとつとして「第一印象」があります。まずは第一印象を良くすることが、ビジネスを成功させる第一歩でしょう。

 見た目上の第一印象を大きく左右するのが「髪型」です。これまで私は美容師としても多くのお客様と接してきましたが、会社で出世している方や、なんらかのビジネスで成功されている方も少なくありませんでした。そんな彼らの髪型に、共通点も見えてきました。

 そこで今回は、髪を扱うプロ目線で、ビジネスで結果を出して財産を築いた人たちの2つの共通点をご紹介していきます。

◆共通点①おでこを出している

 例えば、ユニクロで知られるファーストリテイリング社長の柳井正氏、楽天グループの創業者であり社長の三木谷浩史氏、アメリカの起業家でX(旧Twitter)も所有するイーロン・マスク氏など、世界的なビジネスリーダーたちは皆、おでこをしっかり出した髪型をしています。

 また、歴代の総理大臣の多くがおでこを出しています。リーダー然とした印象付けや、清潔感のある髪型として、おでこを出す髪型がオススメです。

 おでこを出すことで自信のある印象を与えることができるので、リーダーシップを発揮して組織を率いたり、外部と交渉や取引を行ったりする際も上手く進みやすくなるでしょう。

「ビジネスで結果を出して財産を築きたい」という方は、前髪を上げるなどおでこを出した髪型にしてみてはいかがでしょうか。

◆前髪を上げるのに抵抗がある場合は「短く」でOK

 前髪を上げるのに抵抗がある人は、前髪を短くしてしまうこともオススメです。

 例えば、サイバーエージェントやAbemaTV社長の藤田晋氏や、ZOZO創業者の前澤友作氏は、前髪を短めにしており、下ろしていてもおでこが見える髪型にしていることが多いです。

 前髪を下ろせばリーダーシップを発揮しながらも優しそうな印象になります。

◆シーンによってヘアアレンジも可能

 前髪が短ければ、プライベートでは前髪を下ろし、ビジネスシーンでは前髪を上げるなどのアレンジも可能です。シーンによって使い分けられるというメリットもあります。

 ホリエモンこと堀江貴文氏のように前髪をかきあげて分けることで、おでこの一部を出すアレンジもいいでしょう。この場合、長めの前髪でもおでこを見せられます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください