1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「低学歴の社員が的外れなことを…」“京大卒の高飛車社員”が地方に左遷させられるまで

日刊SPA! / 2024年2月18日 8時54分

写真

画像はイメージです

 最近は新卒採用の応募条件を大卒ではなく学歴不問とする企業が増えているが、内定者は大卒ばかりで高卒や専門学校卒は皆無なんてケースは珍しくない。それだけに学歴があれば仕事の選択肢の幅が広がるし、より多くの収入を得られるチャンスが大きくなる。
 とはいえ、社会で生きていくうえで学歴が絶対に必要かといえば、決してそうでもない。でも、なかには自分の学歴の高さを鼻にかけ、周りの人間を見下してくる者もいる。佐々木龍一さん(仮名・27歳)は、自身の学歴を鼻にかける同僚が多いIT企業に就職した結果、息苦しい思いをしているそうだ。

◆営業部を小馬鹿にする高学歴社員

「営業部はまさに体育会系の雰囲気そのもの。初日から先輩についてガツガツと営業を体験させられました。ただ、自分は大学まで運動部に所属していたので、多少理不尽な上下関係にも慣れていました。厳しく鍛えられるのには全く問題ありません。営業が天職ではないかと思えるほどに、仕事自体は順調です」

 順調に成績を伸ばして、仲間たちと楽しく仕事をしているという佐々木さん。しかし、他部署の社員との打ち合わせや会議では、日常で感じたことがなかったようなストレスを受けることが……。

「営業部はガッツがある人材を集めているからか、出身校もさまざまで決して高学歴とはいえない社員が集まっています。一方で、エンジニアやデータサイエンティストなどの職種では、東京大学や京都大学、一橋大学などを卒業した高学歴の社員がゴロゴロ。だからなのか何か提案しても、小馬鹿にして『低学歴の社員が的外れなことを言っている』というスタンスを崩さないことが多々あります」

◆やっかいな京大卒の“学歴マウント社員”

 一般的に見れば、佐々木さんも全国的に名の知れた有名大学を卒業しているものの、閉ざされた環境の中では“低学歴”扱いされてしまうのだとか。仕事を進めるうえで支障をきたすことも珍しくない。

「納期が遅れそうになったり、トラブルが発生したりした際に“学歴マウント社員”は重い腰を上げようとしません。すぐ対応してほしいところですが、『営業部の学歴が低いからそんなトラブルになる』などと難癖をつけてきて……。当然、クライアントを怒らせることもありますけど、頭を下げるのは我々営業部。たまったものではありません。もちろん、すべての高学歴が嫌なやつばかりではないのですが……」

 特に佐々木さんたちの営業部隊を悩ませたのが、京都大学を卒業したZさんだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください