土屋太鳳 ロケ現場でも野菜刻む 健康美をつくる食へのこだわり

スポニチアネックス / 2017年3月21日 10時51分

盛りだくさんの野菜を前にはじける笑顔の土屋太鳳。フレッシュな美しさの源です

 【夢中論】みずみずしい健康美とはじける笑顔。女優土屋太鳳(22)の輝きを支えるのは、ふんだんに野菜を盛り込んだ手作りのサラダだ。家ではもちろん、楽屋やロケ先の控室にもアウトドア用の調理セットを持ち込んでトントン。手際の鮮やかさは共演者を驚かせる。「口から入ったものが体をつくる」。こうした医食同源のこだわりは、芸能界の美しき先輩と、そして母の教えが培った。

 レタスにトマト、栄養たっぷりのブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)。アボカドも入れちゃう。「食べる美容液」と呼ばれる、大好きなセロリは外せない。器用に切り分け、可愛く盛り付け。そこに旬の食材を加える。味付けの肝は黒酢とショウガ。レモン果汁をひと垂らしするのが太鳳流だ。シャキッ。「うん、きょうもおいしい!」。フレッシュな美の源泉は、こうして日々、充てんされる。

 「色とりどりの野菜でサラダを作ると心が明るくなりますし食べて元気になる」。多忙にかまけ、現場のロケ弁に偏りがちな俳優の食事に「おいしいんですけど、そればかりだと健康状態が悪くなるので」。体形や肌つやを損なわないためにサラダは欠かせない。

 仕事先でも、野菜を刻む。「野菜は切っちゃうと、ビタミンが抜けたり酸化するので」食べる直前に作るのが鉄則だ。楽屋でもロケ現場の隅でも環境さえ整えばサラダを作る。「えっ?何してんの」と驚かれることもしばしばだ。包丁とまな板、箸がセットになったアウトドア用具が愛用品。早いときは5分で完成。「余裕のあるときはたくさん作って現場の皆さんに“ちょっと食べる?”って聞いたりしてます。みんなで健康になれたら素敵じゃないですか」。

 ほかにやっている人を「見たことないですね」と照れ笑いする現場での調理は、多忙になってからの習慣だ。高校時代に創作ダンスで全国大会に出場し、現在は日本女子体育大に通うだけに体力には自信があるが、睡眠時間の確保も難しい中でコンディション維持に悩まされた。「どうやったら健康的に乗り切れるかを考えた結果でした」。

 芝居はイメージ以上に「体力を消耗する」という。「体力もそうですが気力を使う。凄く疲れるんです」。15年、主演したNHK連続テレビ小説「まれ」で祖母役を演じた草笛光子(83)からこう言われた。

 「絶対に痩せちゃダメよ。お芝居はエネルギーを使うでしょ。そのエネルギーが足りないと、人に伝わらないのよ」

 それからは、好きな肉も、もちろん野菜も、たっぷり食べる。「おかげで“まれ”が終わってから風邪をひいたことがありません」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング