日曜劇場「99.9」異例の続編に強い覚悟「シーズン1を超える」 カギは新視点

スポニチアネックス / 2018年1月13日 9時0分

日曜劇場「99・9」にシーズン2から新キャストとして登場する笑福亭鶴瓶(左)と木村文乃(C)TBS

 「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)は14日、初回25分拡大スペシャルでスタートする。2016年4月期に全話平均視聴率17・2%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)と大ヒットした人気作の続編。日曜劇場としては「JIN―仁―」以来6年ぶり2回目となる異例のシーズン化に懸ける思いをプロデューサーの瀬戸口克陽氏に聞いた。

 ◆続編に強い覚悟「やるからにはシーズン1を超えなければならない」

 「ビューティフルライフ」(00年)、「GOOD LUCK!!」(03年)、「半沢直樹」(13年)、そして「陸王」(17年)―。数多くのヒット作を生み出してきた日曜劇場で2作品目となる異例のシリーズ化となった「99・9」。瀬戸口氏は「シーズン1が終わった時に、もう1度会いたいと思わせてくれた。もちろん視聴者の方からの声も多く、スタッフ、キャストも『また一緒にやれたらいいな』と話していましたから」と続編に至った経緯を明かし、「やるからにはシーズン1を超えなければならない」と言葉に力を込めた。

 ◆新たに加わる「裁判官」の視点がカギ 大役に鶴瓶もやる気満々

 続編を制作するにあたって目玉に、と考えたのが「裁判官の視点を加えることだった」と瀬戸口氏は明かす。シーズン1は松本演じる深山大翔ら弁護士と検察の対決構図を中心に描いてきた。これに裁判官の視点が加わることで、「弁護士や元検事の方はたくさんテレビに出てらっしゃいますが、裁判官の方のお話を聞く機会は多くありません。世の中にイメージがない、これまでに見たことのないものを伝えることで、新鮮に見てもらえるのではと考えています」とドラマに新たな魅力をプラスするのが狙いだ。

 その裁判官を演じるのが、新キャストの笑福亭鶴瓶(66)。「裁判官は弁明せず」という 考え方があるように、表に出てこない裁判官のイメージを表現するにあたり「視聴者の方に優しい、温和なイメージが強い」鶴瓶を起用。「あの優しい笑顔の裏にある強い意志みたいなものをギャップで印象強く表現していきたい」と語る。物語のカギを握る鶴瓶自身も「アイツ(松本)のファンにはごっつ嫌がられると思う。どうせ嫌がられるなら思いっきりやったるわ!覚えとけ深山、バッチバチにいくで!!」と初めての裁判官役に鼻息を荒くしている。

 ◆新キャスト続々「化学反応に期待」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング