有藤通世氏 ドラ1安田に感じた“内面的な強さ”「長く見ていきたい選手」

スポニチアネックス / 2018年2月14日 11時4分

有藤氏(上)から「打ちマクレ」と激励された安田

 ◇有藤通世氏×ロッテ・ドラ1安田対談

 【取材後記】 話してみた第一印象は頭がいい。自分の今の技術に満足せず、常に先を見据えている。プロ的な性格だ。イチローも松井秀喜もそうだったと記憶する。

 おっとりしているように見えるが、日本ハム・清宮のことを語る時には負けん気が、表情に見え隠れした。内面的な強さがあるのだろう。楽しみだね。

 将来、世界へ羽ばたきたいと言った。「ミスターロッテ」の後継者に成長してほしいとは思わない。むしろ、その領域を超えるような成長を見たい。その意味では世界で戦った井口監督のもとへ来たことは、彼にとっては幸運だったと思う。

 別れ際には「俺が生きとる間に安田の商品価値を高めてくれよ」と言ったが、久しぶりに長く、見ていきたいと思う選手だ。 (本紙評論家・有藤道世)

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング