長谷部主将 パラグアイ戦で初の主将マークを巻いた山口について言及「発奮してほしいのがあったのでは」

スポニチアネックス / 2018年6月13日 23時10分

パラグアイ戦後、サポーターから必勝のダルマを受け取った長谷部

 W杯ロシア大会のベースキャンプ地カザンへ向けて出発した日本代表のMF長谷部主将が、パラグアイ戦で初めて主将マークを巻いたMF山口について言及した。

 「監督の真意は聞いてない」と前置きし「今合宿でに来て蛍自身のトレーニング、ゲーム部分で監督は“元気がない”と話してきた。監督が蛍に期待しているのを感じるし、発奮してほしいのがあったのでは」と語った。

 「このチームは誰が主将をやってもサポートがある。問題ない」とチームメートへの信頼を強調した。初戦のコロンビア戦に向けては「限られた時間の中でどこまでできるか。ラストスパートをどうやっていけるか」と話していた。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング