浦和DF阿部勇樹 CSファイナル初戦始球式の大役 ノーバンでリベンジなるか

スポニチアネックス / 2018年10月12日 18時52分

 西武は12日、メットライフドームで17日に行われるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦の始球式を元サッカー日本代表MF阿部勇樹(37=浦和)が務めると発表した。

 阿部の所属する浦和は西武と同じ埼玉県がホーム。浦和は昨年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で10年ぶり2度目のアジア王者に輝いただけに、前回西武が日本一になった2008年以来10年ぶりとなる阿部の始球式で日本一に向けた”後押し”が期待される。

 なお、前回の始球式では惜しくもワンバウンド投球となった阿部。「今回は、ノーバウンドでストライクを取れるようにがんばります!」と意気込んでいるが、見事リベンジを果たし、念願の”ノーバン投球”なるか注目される。

 CSファーストステージは13日に開幕し、2位・ソフトバンクと3位・日本ハムが対戦。西武はその勝者とファイナルステージで対戦する。

スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング