阪神 藤原オーナーに聞く(上)「何であろうが“Do one’s best”です」

スポニチアネックス / 2019年1月13日 9時1分

「Do one’s best」の精神を強調した阪神・藤原オーナー(撮影・坂田 高浩)

 阪神の藤原崇起オーナー(66=阪神電鉄会長)がスポニチ本紙の単独インタビューに応じた。就任初年度となる矢野燿大監督(50)への期待を語るとともに『Do one’s best』の精神を強調。伝統球団としてのあるべき姿や今後の球団運営など展望を語った。(取材・構成 山本浩之、吉仲 博幸、内田 雅也、森田 尚忠)

 ――オーナーに就任して約2カ月。心境、環境の変化は?

 「まだ、実感はないと言えばないですね。実際の試合が始まれば、そういうことを感じるのだと思います」

 ――矢野監督とも話をする時間もあったと思います。

 「昨年の納会で矢野監督が選手に対して5か条というのを呼びかけておられました。自分から変革を具体的に示す意気込みだと思いますが、私の思いと共通するものばかりで、本当に素晴らしいと思いました。例えば“喜怒哀楽を出せ”とおっしゃっていましたが、一つは有言実行ではないかと思います。自分の口から出して実現していくのは、どの社会でも同じ。そういうことを言う人の方が間違いなく伸びると思います。組織というのは“オレのやり方はこうだ”“オレの役割はこうだ”という中で一緒に練習して信頼感を得るのが大切で、例えば二遊間で言えば、お互いを知り尽くすまで練習してこそ、これは得られるものでしょう。そういう意味では金本前監督が体を鍛えて練習、練習でやらないとダメだと言っていましたが、矢野監督がこれを引き継いでいくのは正しいし、それをやらないと次の世代が、どういう戦いをするのかが定まって来ません。

 私も現場ばかり行ってましたから、現場で何をするのか。鉄道は安全を守る、安全を守るためには規則を守らないといけません。それでもいろんな事故が起こったり、ミスが起こったりします。ミスが起こったことに対して真摯(しんし)に向かい合って、何が悪かったかをみんなで一生懸命に考える。それを繰り返し、繰り返し、100年間やってきて、ようやく今の形ができあがっている。そういうことを築き上げて、ビジネスは成り立っていますし、野球も一緒だと思います」

 ――矢野監督の契約年数はあると思いますが、1年目からノルマはありますか?

 「ノルマはありません。発展途上であろうが、何であろうが「Do one’s best」です。これは絶対にしないといけない。そうじゃないとお客さんに理解してもらえない、ファンの望むものにはなりません」

 ――難しいですね。ファンやベテランは少し先と言うと、すぐに優勝したいとなると思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
スポニチアネックス

トピックスRSS

ランキング