ソフトBの159キロ右腕・甲斐野の原点とは?高校、大学の恩師たちが大分析

スポニチアネックス / 2019年4月16日 8時32分

ソフトバンク・甲斐野

 防御率0・00のルーキーは5年前まで内野手だった。ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央(22)がセットアッパーとして実力を発揮している。開幕戦で12球団のルーキーで一番乗りとなる白星を飾るなど、ここまで7試合に登板し、1勝6ホールドをマーク。3年連続日本一を目指し、首位を走るチームを支える159キロ右腕の原点や人柄を、高校、大学時代の恩師らの証言から迫ってみた。

 【東洋大姫路・藤田監督 制球難克服にノックの雨2時間】東洋大姫路で甲子園を目指した3年夏は、兵庫大会5回戦で敗退。当時の甲斐野は、投手を兼任する背番号5の三塁手だった。高校時代の恩師・藤田明彦監督は「中学時代は投手と内野の両方をやっていたと聞いた。ただ、同学年に複数投手がいたから1年秋までは三塁手に専念させていた」と振り返る。

 ところが、成長期の体は一冬越えると10センチ以上も伸びて1メートル84となった。「三塁線の打球を捕って一塁へ投げる送球が凄い。私は東芝府中の監督もやりましたが、あんな球を見たことがない。初芝(元ロッテ)よりもね」。野手として鍛える過程で、投手の才能にも気づいた。

 東洋大姫路での教え子には、11年夏の甲子園で8強進出したヤクルト・原樹理がいる。甲斐野は入れ替わりで入学し、2年からは投手も兼任させた。「球速は134、135キロだけど、70球に1球は原を超える球を投げていた」と大化けする直感が働いた。「将来はプロへいけるかもと、あえて厳しくした。ただ、コントロールが悪くて四球ばかり」。ノックで鍛えた。三塁手として1時間、投手としても1時間。計2時間もノックの雨を降らせた。

 厳しい練習にも甲斐野は弱音を吐かなかったという。「得意分野だからね。澄まし顔でした」。160キロに迫る剛球に注目が集まるが、抜群のフィールディングを誇る。内野手として鍛えられたことが要因だ。甲斐野の弱点も暴露した。「本当は走ることが嫌い。インタビューで“走っています”なんて言っていたけど、“ウソ、コケ!”ですよ」と笑っていた。(伊藤 幸男)

 【東洋大・杉本監督 直球とフォークで必殺方程式構築】大学ラストイヤーの一年間を指導した東洋大・杉本泰彦監督が、甲斐野のストッパー適性を見いだした。それまでは先発やロングリリーフを中心にこなしていた。

 3年秋は東都リーグで5勝を挙げてベストナイン、最優秀投手だが、「僕が敵ならどこで投げられるのが一番嫌か。球種は少ないし、先発だったら怖くない。5回まで球数を投げさせて、3巡目勝負ってね」と説明する。同級生には上茶谷(DeNA)、梅津(中日)もいた。当時の球速は153キロ。「打者が振らなきゃいけない状況をつくりたかった。直球に絞らせフォークを振らせる」と必殺パターンが構築された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング