広島4連覇諦めん!延長11回、代打・磯村の犠飛で劇的サヨナラ勝ち!自力V消滅阻止、マツダ400勝飾る

スポニチアネックス / 2019年8月13日 22時13分

<広・巨>11回1死満塁、磯村のサヨナラ犠飛で生還し飛び上がって喜ぶ鈴木 (撮影・奥 調)

 ◇セ・リーグ 広島2―1巨人(2019年8月13日 マツダ)

 大逆転でのセ・リーグ4連覇を目指す3位の広島が延長11回に磯村の犠飛で今季9度目のサヨナラ勝ち。引き分けでも自力Vが消滅する1戦に2―1で競り勝って巨人とのゲーム差を再び3・5とし、優勝争いに踏みとどまるとともに本拠マツダスタジアム通算400勝を飾った。

 1―1で突入した延長11回、先頭の主砲・鈴木が左越え二塁打で出塁し、野間が送って1死三塁とすると、メヒア、会沢が連続で申告敬遠されて満塁。ここで代打に出た磯村が左犠飛を放ってサヨナラ勝ちを飾った。

 広島の先発左腕・ジョンソンが5四球と制球に苦しみながらも要所は抑えて7回2安打7奪三振の無失点投球を見せれば、巨人の先発左腕・メルセデスも7回途中5安打10奪三振1失点の力投。広島は2回、先頭の鈴木が詰まった当たりの中前打で出塁し、続く5番・松山の右中間二塁打で一気に本塁生還を果たして先制したが、巨人が8回に1死一、三塁から丸の二ゴロで1点を返して1―1で延長戦に突入していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング