フジモン 妻・木下優樹菜の騒動を謝罪「お相手に不快な思い…一番反省」 自身への非難も「当然」

スポニチアネックス / 2019年11月30日 12時24分

「FUJIWARA」の藤本敏史

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)が30日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。タピオカドリンク店への暴言騒動を受け、活動自粛を発表した妻でタレントの木下優樹菜(31)について、苦しい胸中を口にした。

 木下については、実姉とトラブルになっていたタピオカドリンク店に「事務所総出でやりますね」など、恫喝(どうかつ)めいたダイレクトメッセージ(DM)を送ったことが明らかになり、10月から騒動に18日には、所属事務所の公式サイトを通じて芸能活動自粛を発表するとともに、「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 番組冒頭、MCの今田耕司から「元気出せや」と呼びかけられ「今田さん、めちゃくちゃ元気です」と空元気を出していた藤本は、「まずはすみません。ホンマにご迷惑をおかけして。本当に申し訳ございません」と重苦しい面持ちで謝罪。さらに「お相手に不快な思いをさせてしまったことが一番反省すべきところ」と続けた。

 世間では、藤本を「立派」と擁護する声もあるが、これに対して、先輩芸人のほんこん(56)から「夫婦の問題は旦那にも責任がある。お前が言わなあかん。立派だとは思えない」と厳しい言葉を投げかけられる場面も。これには藤本は「『(藤本は)関係ない』って言ってくれる人もいますが、夫婦なので非難されても当然」と神妙に答えた。

 また、ほんこんが「一番かわいそうなのは、言われた方。嫁さんが自粛して、復帰とかの話じゃなく、当分の自粛ってなっているけど、当分もなく、自粛。世間で許すとか、感じ取れるものがあった時に出てくればいい」と語ると、藤本は、真剣な表情で「はい」とうなずきながら、聞いていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング