【日本代表採点表】最低点は森保監督 攻撃で改善見えず個人技頼り

スポニチアネックス / 2020年1月16日 1時21分

<U23カタール・U23日本>試合終了と同時にピッチに背を向ける森保監督(撮影・篠原岳夫)

 ◇U―23アジア選手権1次リーグB組 日本1―1カタール(2020年1月15日 タイ・パトゥムタニ)

 U―23アジア選手権1次リーグB組で開幕2連敗を喫し、既に敗退が決まっていた日本は15日、最終戦でカタールと対戦。前半に退場者が出て1人少ない中、後半28分にFW小川航基(22=磐田)が先制ゴールを決めたが、微妙な判定によるPKで追いつかれて1―1で引き分け。3戦未勝利で大会を終えた。カタール戦における日本代表の採点は以下の通り。

【U―23日本代表採点】

GK

大迫敬介(広島)6.0

的確な飛び出しでDFの裏をカバー

DF

橋岡大樹(浦和)6.0

3バック右と右SBで対応力を披露

立田悠悟(清水)6.5

相手くさびつぶし攻撃はパスで起点

町田浩樹(鹿島)6.0

高さ発揮し第2戦より冷静にプレー

MF

相馬勇紀(名古屋)6.5

多数クロス供給も得点につながらず

田中駿汰(大体大)6.0

守備で貢献も前半の大チャンス逃す

田中碧(川崎F)6.0

球際で強さ発揮も微妙な判定で退場

杉岡大暉(鹿島)5.5

主将はクロスとシュートの精度欠く

旗手怜央(順大)5.5

絶好機を決めきれず前半だけで交代

食野亮太郎(ハーツ)5.5

先制アシスト以外は見せ場つくれず

FW

小川航基(磐田)6.5

尻上がりに存在感を発揮して初得点

交代選手

斉藤未月(湘南)6.0

守備で中盤支えたが微妙判定でPK

田川亨介(FC東京)5.5

運動量を守備で発揮も攻撃に絡めず

松本泰志(広島)5.5

出場時間が短く目立ったプレーなし

監督

森保一5.0

攻撃で改善見えず得点は個人技頼り

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング