西武 27日楽天戦で「スペシャルマッチデー」開催 医療従事者への支援目的

スポニチアネックス / 2020年9月17日 14時54分

 西武は27日の本拠地・楽天戦で、「戦おう共に。WE ARE ONEスペシャルマッチデー」を開催する。

 当日は、新型コロナウイルスの感染が続く中、収束に向けて日々医療業務に従事している医師や看護師などの方々への支援を目的に、森友哉捕手や源田壮亮内野手ら6人の手書きメッセージ入りのチャリティーグッズを販売。その売上の一部を埼玉県新型コロナウイルス感染症対策推進基金に寄付する。

 また、球場に募金ブースを設置。さらに本イベントに賛同し、協賛いただいた300以上の企業からいただいた協賛金の一部も同基金に寄付する。

 ▼源田壮亮 日々感染リスクへの不安を抱えながら新型コロナウイルス感染症と戦っている医療従事者の方々を支援するため、僕も以前のチャリティーオークションで自分のバットなどを出品させていただきました。今回も球場やオンラインショップでチャリティーグッズを販売するほか、埼玉県内各地で献血も呼び掛けますので、ぜひチームとファン、そして企業の皆さまがひとつになって、医療従事者の方々にエールを送れればと思っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング