カンニング竹山 密着ロケ番組は引き受けない「あんなのやったら終わりよ、もう」

スポニチアネックス / 2020年9月17日 15時1分

カンニング竹山

 お笑い芸人のカンニング竹山(49)が15日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・15)に出演。長期密着ロケ番組に出演しない理由を明かした。

 この日はマネジャーとのやり取りを隠し撮りをして芸人の本音を聞き出す「アイツこの仕事NGだってよ!!」企画を放送した。

 「NGはない」と言いつつも、バンジージャンプ、スカイダイビングのほか、大学受験のロケも「やらない、大学に行きたいと思ってるけど、それを金にしたくない」と発言。共演NGのタレントは?との質問には「共演したくないは無いでしょ。嫌な人は誰もいませんよって話。嫌だと思っていてもそれをちゃんとやるのが仕事でしょ?この人嫌いだからやらないってそれは三流だよ」と言い切った。

 さまざまな「やらない」仕事を告白する中、TBS「情熱大陸」などの長期密着ロケ番組についても「やらない」とキッパリ。その理由を聞かれ「裏を見せながら生きるということが自分の芸人としてのポリシーじゃない」と語った。

 モデルでタレントの藤田ニコル(22)が「長期密着はめちゃくちゃうれしいですけどね」と話す中、竹山は「長期密着はやらないって若手の頃から決めてますから。あんなの出たら終わりよ、もう」とバッサリ。「第7世代と違うんだから、酸いも甘いも全部知ってるよ」と言い放った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング