川内、1万メートル出場も後半失速…2週間後の福岡国際マラソンへ不安残す

スポニチアネックス / 2020年11月22日 5時45分

八王子ロングディスタンスの1万メートルで厳しい結果に終わった川内

 男子マラソンの川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が21日、八王子ロングディスタンス(上柚木公園陸上競技場)に出場し、1万メートルで30分17秒61に終わった。

 5000メートルを14分33秒で通過したが、後半に大失速。10年にマークした自己ベスト(29分2秒33)の更新どころか、マラソンの10キロ通過よりも遅いような凡タイムに、「収穫はない。想定していた最悪を上回る最悪。ホントにひどい…」とうなだれた。3月のびわ湖毎日以来、9カ月ぶりのフルマラソンとなる福岡国際(12月6日)まで、あと2週間。「調整の仕方も考えないといけない」と険しい表情を浮かべていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング