稲垣吾郎 自身が演じる主人公に“憧れ”「愛に溺れる感じがいい」

スポニチアネックス / 2020年11月22日 5時45分

映画「ばるぼら」の公開記念舞台あいさつに出席した(左から)二階堂ふみ、稲垣吾郎、手塚眞監督

 俳優の稲垣吾郎(46)と女優の二階堂ふみ(26)が21日、都内で映画「ばるぼら」(監督手塚眞)の公開記念舞台あいさつに出席した。

 手塚治虫が禁断の愛やエロスなどに挑戦した異色同名漫画が原作。稲垣は「(主人公の)愛に溺れる感じがいい。周りが見えなくなったりしてしまう部分は憧れたりします」と感想。二階堂は初共演の稲垣について「子供の時からスターの方。現場で学ぶことがたくさんありました」と語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング